広島県、地域活性化のための地域交流会を瀬戸内海エリア各所で開催 画像 広島県、地域活性化のための地域交流会を瀬戸内海エリア各所で開催

インバウンド・地域活性

 広島県が地域活性化を目的にした地域内交流会を開催する。参加費は無料。

 広島県は愛媛県と共同で瀬戸内海の島や沿岸部の観光ブランド向上、交流を行う「瀬戸内しまのわ2014」プロジェクトを実行し、昨年3月から10月にかけて400以上のイベントを開催した。今回の地域内交流会はこの活動で生まれた地域の輪や活動を継続し、広げていくのが狙い。

 交流会では「ネットで地域の魅力を世界に広げる7つのポイント」、「地域を幸せにするお金のつかい方」といったテーマを設け、講師によるレクチャー、参加者とのセッション、ワークショップの3つを行う。テーマは全4個で、1つのテーマについて県内の参加市町村ごとに複数回開催される。第1回テーマの「ネットで地域の魅力を世界に広げる7つのポイント」は、ネットイヤーグループ地域共創グループのグループリーダー・倉重宜弘氏を講師に招き、6月25日の江田島市での開催を皮切りに、県内全6カ所で開催される。

 地域内交流会は、6月25日の第1回開催から、第4回最終回となる2016年2月27日まで約半年にわたって、順次開催されていく。なお、第4回の「地域を越えてつながる」をテーマにした回では、それまでの交流会参加者のアイディアで講師を選定する予定。

 このほか、団体ごとに地域づくりの専門家を招いてヒヤリングやアドバイスを行ってもらう「個別相談会」も開催。こちらは廿日市、広島、安芸津、尾道で6月から来年2月にかけて順次開催される。

 交流会、相談会ともに事前申し込み制で、各開催日の1週間前までに広島県商工労働局海の道プロジェクト・チームへメールで申し込みを行う必要がある。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

    見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

  2. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  3. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

    入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  4. 愛知県豊川市、2工場撤退跡地活用で説明会開く/イオンモール進出、市は文化会館整備

  5. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  6. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  7. 釜石復興スタジアム、津波被災地に観客席1万6000席の大型施設が!

  8. 日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画

  9. 首都圏Look at/都内に200m超ビル続々/都心のスカイライン様変わり

  10. リニア新幹線が南アルプストンネル長野工区で安全祈願・起工式開く

アクセスランキングをもっと見る

page top