バックホールを無線化したアクセスポイント――インフラ工事不要のネットワーク 画像 バックホールを無線化したアクセスポイント――インフラ工事不要のネットワーク

IT業務効率

 日本電業工作は21日、長距離無線LANバックホール機能付きWi-Fiアクセスポイント「FalconWAVE4.9G Wi-Fiプラス」を開発したと発表した。

 4.9GHz帯域を利用した基幹回線へのバックホールマルチポイント伝送と、広域Wi-Fiエリア化を可能とする2.4GHz帯アクセスポイント機能を同一筐体に内蔵している。

 インターネット網が整備されていない地域にWi-Fi環境を構築できるのが特徴。バックホール回線での基幹通信だけでなく、複数の機材を必要とせずに広域Wi-Fiエリア化を実現する。また、非常時の拠点間のインフラ整備や避難所のWi-Fiエリア化といった用途にも最適だ。

 本体に備える4.9GHzの高利得アンテナとMIMO機能によって、親機1台に対して子機1台であれば最長30kmまでの7Mbpsの長距離広域帯伝送が、子機4台まででは最長16km離れた拠点間での運用も可能となっている。

長距離無線LANと広域Wi-Fiエリアを同時に実現……日本電業工作が開発

《宮崎崇》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ネットで“おさがり”を実現、子供服の物々交換サービス

    ネットで“おさがり”を実現、子供服の物々交換サービス

  2. LINE対抗と騒がれるも実際は?キャリア3社が共同開発した「+メッセージ」とは?

    LINE対抗と騒がれるも実際は?キャリア3社が共同開発した「+メッセージ」とは?

  3. AI活用の次世代タクシー配車アプリ「タクベル」、DeNAがリリース

    AI活用の次世代タクシー配車アプリ「タクベル」、DeNAがリリース

  4. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

  5. 【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

  6. ネットとデジカメが変えた学校行事の写真販売――売上3倍

  7. バーチャルリアリティ(VR)ってなんだ?

  8. 大林組、山岳トンネル切羽評価に人工知能を適用/ディープラーニングで専門家と同等の評価

  9. 国交省、ICT土工の費用を事後精算可能に

  10. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

アクセスランキングをもっと見る

page top