万引き防止ゲートをRFID対応に――在庫管理にも応用可能 画像 万引き防止ゲートをRFID対応に――在庫管理にも応用可能

IT業務効率

 チェックポイントシステムズは、いわゆる万引き防止ゲートとして知られる電波式商品監視(RF-EAS)システム「EVOLVE iRange P10アンテナ」をRFID仕様に拡張する新製品「RFIDアップグレードキット」を発表した。在庫管理と不正な持ち出しなどによるロス対策を1枚のRFIDタグで行うことが可能となる。

 万引き防止ゲートは、小売店などで未精算商品をゲートで検知&アラート発報させ、不正な持ち出しを防ぐための製品。チェックポイントシステムズでは、電波式商品監視(RF-EAS)システムをラインナップしており、検知用のゲートと、商品に取り付けたり、貼り付けられる小型タグやラベルを含めてソリューションとして提供している。

 また、RFIDタグを使った商品の在庫管理を効果的に行えるソリューションも提供しており、棚卸しなどの時間と手間の軽減を実現している。

 本製品は、同社が得意とする2つの技術を電波式商品監視(RF-EAS)システム「EVOLVE iRange P10アンテナ」で行えるようにする機能拡張。この機能拡張により同社独自の「One Tag」を使用できるようになり、従来の防犯タグではできなかった、商品の個別管理が行える。

 万引き防止という観点では、不正に商品が持ち出されると、数量や価格帯に応じて異なるアラーム音を発報する機能に対応。商品管理面では、店内在庫の数量を正確に把握できるので、欠品時の迅速な補充を実現する。

 また従来品の場合、ゲートの近くでの商品陳列は、誤発報を招いていたが、タグの位置や方向を高精度に認識する機能にも対応するので、そうしたトラブルも軽減できる。アップグレードキットは、既存または新設の「EVOLVE iRange P10」に取付可能となっており、同社の技術員によって取り付け提供される。

万引き防止ゲートで在庫管理とロス対策が同時可能に

《小菅》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. 三井住友建設、スマホ使いPC橋の計測・管理を省力化/専用アプリで機器を自動制御

    三井住友建設、スマホ使いPC橋の計測・管理を省力化/専用アプリで機器を自動制御

  3. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

    大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

  4. 高砂熱学工業、現場関係者にアップルウォッチ導入/情報共有で業務効率化、健康管理も

  5. ドコモの相乗り型「AIバス」は現実の社会でどう使えるのか?

  6. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  7. 【今流スマホ予約・後編】繁盛店が語るスマホ予約の集客力

  8. 音に関する問題解決へ! 技研音響実験棟の運用開始

  9. 東北整備局、ドローンによる被害状況動画撮影でポイント集作成へ

  10. 路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

アクセスランキングをもっと見る

page top