知財で融資を! 特許庁、金融機関への知財ビジネス評価書提供など、知財融資支援開始 画像 知財で融資を! 特許庁、金融機関への知財ビジネス評価書提供など、知財融資支援開始

制度・ビジネスチャンス

 中小企業の持つ知的財産を融資につなげるための支援を特許庁が開始した。金融機関に提出するビジネス評価書用のマニュアル作成やビジネス評価書の作成支援活動などを行っていく。

 知的財産は企業の大きなビジネス資源だが、反面専門性が高いために金融機関などではうまく評価ができず、融資の材料として活用しきれないケースが多い。今回の特許庁の取り組みはこうした状況を改善するためのもの。知的財産の価値を知財ビジネス評価書といった形で適切に可視化し、金融機関からの融資につなげることが狙いだ。

 具体的な取り組みとしては、知財ビジネス評価書の作成支援、知財融資マニュアルの作成、知財金融シンポジウムの開催の3つが柱となる。

 知財ビジネス評価書作成支援では、金融機関からの依頼に応じて、融資を健闘する企業の保有する知的財産がどのようにビジネスに貢献し、利益を生んでいるかが明確になる評価書を提携調査会社などが作成。作成した評価書を金融機関に無償提供する。特許庁では支援活動の開始に伴い、知財ビジネス評価書作成支援を行う事業者の公募も始めている。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

    【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

  2. 建設業界、「人手不足」は根拠がない話

    建設業界、「人手不足」は根拠がない話

  3. 【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

    【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

  4. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  5. 「一見さんお断り」、なぜ利益になる?

  6. 設備工事上場大手10社の16年4~9月期決算。受注高、各分野で増加傾向

  7. 羽田空港跡地開発、中小企業の拠点形成なるか?

  8. 民間航空機市場はLCCが牽引で2030年に4920機、ドローンは280万機を予想

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】ママさん社員のアイデアから生まれた、マカロンレースマスク

  10. 銀座・築地エリアからJR東京駅付近まで新路線、延長へ

アクセスランキングをもっと見る

page top