知財で融資を! 特許庁、金融機関への知財ビジネス評価書提供など、知財融資支援開始 画像 知財で融資を! 特許庁、金融機関への知財ビジネス評価書提供など、知財融資支援開始

制度・ビジネスチャンス

 中小企業の持つ知的財産を融資につなげるための支援を特許庁が開始した。金融機関に提出するビジネス評価書用のマニュアル作成やビジネス評価書の作成支援活動などを行っていく。

 知的財産は企業の大きなビジネス資源だが、反面専門性が高いために金融機関などではうまく評価ができず、融資の材料として活用しきれないケースが多い。今回の特許庁の取り組みはこうした状況を改善するためのもの。知的財産の価値を知財ビジネス評価書といった形で適切に可視化し、金融機関からの融資につなげることが狙いだ。

 具体的な取り組みとしては、知財ビジネス評価書の作成支援、知財融資マニュアルの作成、知財金融シンポジウムの開催の3つが柱となる。

 知財ビジネス評価書作成支援では、金融機関からの依頼に応じて、融資を健闘する企業の保有する知的財産がどのようにビジネスに貢献し、利益を生んでいるかが明確になる評価書を提携調査会社などが作成。作成した評価書を金融機関に無償提供する。特許庁では支援活動の開始に伴い、知財ビジネス評価書作成支援を行う事業者の公募も始めている。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

    道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  3. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

    「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  4. リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

  5. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  6. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  7. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  8. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  9. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  10. 豚枝肉高騰1キロ650円、過去10年間で最高/9月中旬東京

アクセスランキングをもっと見る

page top