物流、マーケティング、コールセンター…「リピート通販ビジネス」各分野のプロが集結、実践例をアドバイス 画像 物流、マーケティング、コールセンター…「リピート通販ビジネス」各分野のプロが集結、実践例をアドバイス

マネジメント

 リピート通販業界の現状を分析し、展望を語るシンポジウム「リピート通販業界最前線2015」が20日、都内で行われた。

 「リピート通販」とは、食品や化粧品等、単一カテゴリーの商品を、それぞれの顧客に対し継続的に販売する通信販売の形式。幅広いジャンルの商品を取り揃えた「総合通販」に対し「単品型通販」とも呼ばれている。

 この日、東京都渋谷区のTEMONA株式会社で行われたシンポジウムには、リピート通販ビジネスを行う際に重要となる「ウェブマーケティング事業」「コンテンツマーケティング事業」「コールセンター事業」「物流アウトソーシング事業」「カート事業」の各分野を専門に行う5社が参加。リピート通販市場の現状を分析し、今後の展望を語った。

 冒頭のプレゼンから「物流の現場から伝えるコストカットの方法」「売上とリピート率を上げるには」「リピート通販におけるコールセンターの活用術」といった実践的なアドバイスを各社が披露。後半のパネルディスカッションでは各分野の視点から「サンクスコール(新規会員に感謝の意思を示す電話)」と「ステップメール(スケジュールに添って配信するメール)」の共通性など、各社間で様々な話題が飛び交った。

 登壇したバリュークリエーション株式会社の本間卓哉氏は「リピート通販を行う企業でも、二割か三割しかマーケティングを徹底できていない」と指摘。消費者に対し、より洗練されたアプローチの方法があると語った。例えば、「現在では、『消費者がソーシャルメディアで発信している行動』と『ウェブサイトでの行動履歴』を組み合わせて分析し、マーケティングに活用するアプロー チが可能になった」という。また、キーワード広告を打つ際には、言葉の厳選をする、よく考えることは最低限のアプローチだとも述べた。

 「リピート通販」について、各分野の知見を結集した同シンポジウム。会場には数十人の事業者が話を聞きに訪れ、メモを取る光景が見られた。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

    国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  3. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

    移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  4. 西日暮里駅前再開発、基本計画検討業務を公募

  5. ミシュランXマルチZに245/70R19.5と265/70R19.5追加……中長距離トラック・バス向け

  6. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  7. IHI・満岡次郎新社長が会見「新3カ年計画を着実に実行していく」

  8. 前田建設、社長に前田操治取締役兼専務執行役員が昇格

  9. 独ZFの米TRW買収が完了――巨大Tier1サプライヤー誕生

  10. 日本スポーツ振興センター、新国立競技場の提案内容を近日公表

アクセスランキングをもっと見る

page top