「牡蠣」で地域創生、8月に富山県下新川郡でヴィレッジ「入善 牡蠣ノ星」がオープン 画像 「牡蠣」で地域創生、8月に富山県下新川郡でヴィレッジ「入善 牡蠣ノ星」がオープン

インバウンド・地域活性

 8月2日、富山県下新川郡入善町の北陸新幹線・黒部宇奈月温泉駅から車で10分の立地に、食材の「牡蠣」をメインコンセプトとした複合施設・ヴィレッジ「入善 牡蠣ノ星」がオープンする。

 ヴィレッジ「入善 牡蠣ノ星」を運営するのは株式会社ヒューマンウェブ(本社・東京都中央区)と、同社の出資子会社である株式会社日本かきセンター(本社・富山県下新川郡)。

 富山湾近くにオープンする同施設。8月2日開店の牡蠣レストランと、牡蠣を浄化する「海洋深層水浄化加工センター」(日本かきセンター運営)を併設し、新鮮な状態でブランド牡蠣「Organic Refined Oyster」を「生」「蒸し」「焼き」等、様々なスタイルで味わう事が可能だという。

 運営母体となるヒューマンウェブは「牡蠣という食材を中心として、地元のみならず全国各地から人々が集まる『地域のランドマーク』のようなコミュニティ」を目指すと発表。「入善町の皆様の憩いの場」であり「県外の皆様も入善町の魅力を体験できる場」として、牡蠣の魅力による地域創生を目標に掲げている。

 入善町の漁協者と連携して、地元の魚介類や農産物を提供し、同町の活性化への貢献も目指しているという同施設。北陸新幹線開通により観光客誘致の期待が高まる富山県で、新たなコミュニティスポットが誕生する。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 相鉄の鶴ケ峰駅付近連続立体交差事業、地下方式採用/「開かずの踏切」5か所撤去へ

    相鉄の鶴ケ峰駅付近連続立体交差事業、地下方式採用/「開かずの踏切」5か所撤去へ

  2. 農村の空き家を宿泊施設に! 観光客目線で農泊を/兵庫県篠山市

    農村の空き家を宿泊施設に! 観光客目線で農泊を/兵庫県篠山市

  3. 金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

    金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

  4. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

  5. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  6. ~田舎にもっと外貨を!:1~広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  7. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  8. ~田舎にもっと外貨を!:4~農泊参入の最大のチャンスは今

  9. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  10. 老朽化進むJR茨木駅西口の再開発、まちづくり協議会設立へ

アクセスランキングをもっと見る

page top