「牡蠣」で地域創生、8月に富山県下新川郡でヴィレッジ「入善 牡蠣ノ星」がオープン 画像 「牡蠣」で地域創生、8月に富山県下新川郡でヴィレッジ「入善 牡蠣ノ星」がオープン

インバウンド・地域活性

 8月2日、富山県下新川郡入善町の北陸新幹線・黒部宇奈月温泉駅から車で10分の立地に、食材の「牡蠣」をメインコンセプトとした複合施設・ヴィレッジ「入善 牡蠣ノ星」がオープンする。

 ヴィレッジ「入善 牡蠣ノ星」を運営するのは株式会社ヒューマンウェブ(本社・東京都中央区)と、同社の出資子会社である株式会社日本かきセンター(本社・富山県下新川郡)。

 富山湾近くにオープンする同施設。8月2日開店の牡蠣レストランと、牡蠣を浄化する「海洋深層水浄化加工センター」(日本かきセンター運営)を併設し、新鮮な状態でブランド牡蠣「Organic Refined Oyster」を「生」「蒸し」「焼き」等、様々なスタイルで味わう事が可能だという。

 運営母体となるヒューマンウェブは「牡蠣という食材を中心として、地元のみならず全国各地から人々が集まる『地域のランドマーク』のようなコミュニティ」を目指すと発表。「入善町の皆様の憩いの場」であり「県外の皆様も入善町の魅力を体験できる場」として、牡蠣の魅力による地域創生を目標に掲げている。

 入善町の漁協者と連携して、地元の魚介類や農産物を提供し、同町の活性化への貢献も目指しているという同施設。北陸新幹線開通により観光客誘致の期待が高まる富山県で、新たなコミュニティスポットが誕生する。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 京都府で「援農隊」スタート……1日から農業を手伝える人、手伝ってもらいたい農業者をマッチング

  5. 富裕層インバウンドの法則その1

  6. 富裕層インバウンドの法則その2

  7. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  8. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 【HCJ2016】万人受けを目指さない“庭のホテル東京の「おもてなし」”

アクセスランキングをもっと見る

page top