従業員が仕事と家庭の両立目的で家事サービスを活用すると都から助成金がもらえる! 画像 従業員が仕事と家庭の両立目的で家事サービスを活用すると都から助成金がもらえる!

マネジメント

 東京都は19日、仕事と家庭生活の両立支援に有効な方法として家事サービスを活用した取り組みを促進するため、「家事サービスを活用した両立支援推進事業」の申請受付を開始した。

 同事業は、中小企業等の従業員が仕事と家庭生活の両立を図るため、家事サービスを活用した場合に助成金を助成するというもの。企業の取り組みに対して定額50万円を助成するほか、家事サービスの利用に対する助成として、サービス利用料が100万円以上~200万円未満は50万円、200万円以上では100万円を助成。100万円未満の場合は助成されない。

 助成を申請する際には、家事サービスの利用調査や、家事サービスの支援内容(利用計画者数、利用計画回数、定期・スポット利用計画、優先枠等)などをまとめた事業計画の作成、利用状況や取り組みの成果のまとめなどを実施する必要がある。申請期間は7月3日まで。

 人材不足に悩まされている中小企業にとって、同事業は、仕事と生活を両立させるワークライフバランスにより人材の有効活用を目指すうえで、大きな武器となりそうだ。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 日建連がプレキャスト工法の導入を推進

    日建連がプレキャスト工法の導入を推進

  2. Amazonで国産新車が買える…オリックスのカーリース

    Amazonで国産新車が買える…オリックスのカーリース

  3. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(下)】国の成長戦略に研究の種

    【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(下)】国の成長戦略に研究の種

  4. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  5. 日銀短観で人手不足が深刻、中小企業は新卒採用難で下方修正も

  6. 事業引継ぎ支援センター、新たに山形、福島、山口、長崎の4県に設置……中小企業の後継者問題に無料相談

  7. 日本酒の「海外売り込み」に酒蔵、日本酒業界が本腰

  8. 国交省、民間建築物の定期点検結果報告制度を見直し

  9. 公共工事の技術者専任要件引き上げ、請負代金額3500万円以上に

アクセスランキングをもっと見る

page top