ドローンにものづくりのビジネスチャンス!?国際ドローン展が20日から開催、試験飛行場開設も 画像 ドローンにものづくりのビジネスチャンス!?国際ドローン展が20日から開催、試験飛行場開設も

インバウンド・地域活性

 なにかと話題を集める無人機のドローン。落下トラブルでマイナスのイメージも持たれているが、手軽に空中撮影が行えることから徐々に普及し、業務利用はもちろん安価なモデルは一般ユーザーの間でも広がってきている。

 また、用途は空中撮影に限らず、施設やインフラの点検・巡視をはじめ、災害調査、各種観測、警備のほか、農薬散布、物流・デリバリーなど、さまざまな分野で可能性を秘めている。こうした背景のもと、日本能率協会は20~22日に幕張メッセで、第1回国際ドローン展を開催する。

 出展者は、ドローンの開発・製造企業はもちろん、プロペラや自律制御技術、素材、成型・加工など、ドローンを構成する部品・技術・ソフトウェアの製造業者や開発業者が多数集まる。ほかにドローンを活用したサービスを企画・提供している企業も出展する。

 期間中に会場では、ドローンに関する国の取り組みや活用事例などをテーマとする各種セミナーも開催。「世界の主要ドローンメーカーによる開発動向と将来戦略」というテーマで国際ドローンシンポジウムも予定し、ドローンの飛行デモンストレーションも行われる。

 ドローンについては、無人航空機システム(UAS:Unmanned Aircraft System)産業の健全な発展の支援を目的とする日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が18日、茨城県つくば市に「物流飛行ロボットつくば研究所(JUIDA試験飛行場)」を開設している。ドローンが1つの市場を形成すれば、ドローンを使ったサービスの進展はもとより、ドローンそのものの開発・製造の分野ではものづくり企業のビジネスチャンスにつながる。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

  5. 地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~

  6. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  7. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  8. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  9. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  10. 肌に良し、食べて良し、飼って良し。酉年に現れたこの鳥の名は?

アクセスランキングをもっと見る

page top