ファブスコ、EV用急速充電器の購入事業者に120万円を追加補助 画像 ファブスコ、EV用急速充電器の購入事業者に120万円を追加補助

マネジメント

省エネ・発電事業を展開するファブスコは、電気自動車(EV)用急速充電器の設置購入時に、国の補助金に加え、1基約120万円を追加補助する取り組みを5月20日より開始すると発表した。

EV用急速充電器の設置には、1基500万円程の費用が発生、国の補助金だけでは1基当たり約120万円の負担が出る。今回ファブスコは、中部・西日本地区で、代理店から充電設備を購入設置する事業者や道の駅を対象に、国の補助金とは別に約120万円から最大280万円まで費用補助する事業を5月20日より開始する。

また、月々の電力基本料金も8年間ファブスコが負担。これらにより、購入時の費用負担はほぼ無くなり、ランニングコストも大きく低減できる。加えて、面倒な補助金の申請手続きや折衝等もファブスコが代行する。

今回の補助事業は、ファブスコが設備運営を行い、設置事業者との共同利用が条件。課金による収入収益は設置事業者が受け取ることができる。

また、オプションとして設備の保守管理をファブスコの子会社に相場価格の半分以下で委託することも可能。月1回の巡回整備や夜間・緊急時の駆付けサービス、コールセンターの設置など、内容も充実させて行うことができる。オプション付帯の事業者には、充電器本体の8年間保証も付属する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

    移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  2. 中小企業間でも格差拡大、課題は人材――中小企業白書分析

    中小企業間でも格差拡大、課題は人材――中小企業白書分析

  3. 相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

    相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

  4. 【中小企業の『経営論』】第1回:背中を見せたがる社長とそうでない社長

  5. 中小企業数、減少傾向ながらペースはゆるやかに

  6. 最長7年間の防犯カメラ保守サービス、関東でスタート

  7. 半導体製造の業界再編進む――ルネサス、滋賀工場設備をロームに売却

  8. 公共工事の着工前の技術者配置、国交省が「余裕期間は配置不要」明確化

  9. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  10. 宇部三菱セメント社長に上田淳副社長昇格、4月1日就任

アクセスランキングをもっと見る

page top