ファブスコ、EV用急速充電器の購入事業者に120万円を追加補助 画像 ファブスコ、EV用急速充電器の購入事業者に120万円を追加補助

マネジメント

省エネ・発電事業を展開するファブスコは、電気自動車(EV)用急速充電器の設置購入時に、国の補助金に加え、1基約120万円を追加補助する取り組みを5月20日より開始すると発表した。

EV用急速充電器の設置には、1基500万円程の費用が発生、国の補助金だけでは1基当たり約120万円の負担が出る。今回ファブスコは、中部・西日本地区で、代理店から充電設備を購入設置する事業者や道の駅を対象に、国の補助金とは別に約120万円から最大280万円まで費用補助する事業を5月20日より開始する。

また、月々の電力基本料金も8年間ファブスコが負担。これらにより、購入時の費用負担はほぼ無くなり、ランニングコストも大きく低減できる。加えて、面倒な補助金の申請手続きや折衝等もファブスコが代行する。

今回の補助事業は、ファブスコが設備運営を行い、設置事業者との共同利用が条件。課金による収入収益は設置事業者が受け取ることができる。

また、オプションとして設備の保守管理をファブスコの子会社に相場価格の半分以下で委託することも可能。月1回の巡回整備や夜間・緊急時の駆付けサービス、コールセンターの設置など、内容も充実させて行うことができる。オプション付帯の事業者には、充電器本体の8年間保証も付属する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【インタビュー】天津事故の影響は?外販比率は? アイシン精機 伊原新社長に聞く

    【インタビュー】天津事故の影響は?外販比率は? アイシン精機 伊原新社長に聞く

  2. 若者をどう確保する? 人手不足加速の建設雇用改善計画

    若者をどう確保する? 人手不足加速の建設雇用改善計画

  3. 大阪 長田産業、トレーラーの後輪3軸にワイドシングルタイヤを採用

    大阪 長田産業、トレーラーの後輪3軸にワイドシングルタイヤを採用

  4. なぜ? 経営再建の東芝がメガネ型端末を初出荷1週前に発売中止

  5. 盗難対策と在庫管理ができるRFID、スポーツ用品「デカトロン」が導入

  6. 長崎県大村市の店舗が「直売所甲子園2015」で優勝

  7. 次期社長が見つかる? 後継者不在で悩む中小経営者向けに「後継者バンク」創設

  8. 16年度建築保全業務労務単価決定、12分類の全国平均1.05%上昇

  9. 日建連会員/研究開発、品質・生産性向上に注力/投資比率は上昇傾向

  10. 新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

アクセスランキングをもっと見る

page top