絵本の会社が作った夢のある超小型モビリティ――かみさと1号(仮) 画像 絵本の会社が作った夢のある超小型モビリティ――かみさと1号(仮)

インバウンド・地域活性

太陽光発電関連会社であるプランは、5月20日から22日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2015」に超小型モビリティ『かみさと1号(仮)』の試作品を発表する。

プランは埼玉県の北部、上里町にある従業員60名の小さな会社。同社は絵本の製本からスタートし、現在では太陽光パネルの製造なども行っている。同社では、世界と未来の子どもたちのために環境を守り続けたいとの想いから、今回製造~廃棄まで化石燃料をできるだけ使わず、自然エネルギーを有効活用する超小型モビリティ「かみさと1号(仮)」を開発した。

かみさと1号は、同社の企業理念に賛同した世界各国の技術者や大学教授、そして町が集結し、環境だけでなく弱者も救う画期的な超小型モビリティだという。

21日11時40分から、大村広司会長による「漫談プレゼン」を開催。世界の技術者や大学教授、地域が賛同した理由や、製造~廃棄まで化石燃料の使用をできるだけ抑える秘策、弱者を救う小型モビリティとは何かを紹介する。

【人とくるまのテクノロジー展15】埼玉県上里町発、超小型モビリティが登場

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  5. これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化!

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  8. 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

  9. ついにゴールへ…50キロのトレイルラン、記者が体験(7)

  10. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

アクセスランキングをもっと見る

page top