絵本の会社が作った夢のある超小型モビリティ――かみさと1号(仮) 画像 絵本の会社が作った夢のある超小型モビリティ――かみさと1号(仮)

インバウンド・地域活性

太陽光発電関連会社であるプランは、5月20日から22日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2015」に超小型モビリティ『かみさと1号(仮)』の試作品を発表する。

プランは埼玉県の北部、上里町にある従業員60名の小さな会社。同社は絵本の製本からスタートし、現在では太陽光パネルの製造なども行っている。同社では、世界と未来の子どもたちのために環境を守り続けたいとの想いから、今回製造~廃棄まで化石燃料をできるだけ使わず、自然エネルギーを有効活用する超小型モビリティ「かみさと1号(仮)」を開発した。

かみさと1号は、同社の企業理念に賛同した世界各国の技術者や大学教授、そして町が集結し、環境だけでなく弱者も救う画期的な超小型モビリティだという。

21日11時40分から、大村広司会長による「漫談プレゼン」を開催。世界の技術者や大学教授、地域が賛同した理由や、製造~廃棄まで化石燃料の使用をできるだけ抑える秘策、弱者を救う小型モビリティとは何かを紹介する。

【人とくるまのテクノロジー展15】埼玉県上里町発、超小型モビリティが登場

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  2. 日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画

    日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画

  3. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  4. 熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

  5. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. 名古屋市、リニア駅周辺まちづくりの方向性案公表/“広場”が中心にあるまち

  10. 埼玉県蓮田駅西口再開発、採算性から27階建てを14階建てに

アクセスランキングをもっと見る

page top