台湾E-LEADがHUD式カーナビを国内市場に投入 画像 台湾E-LEADがHUD式カーナビを国内市場に投入

IT業務効率

台湾の自動車向けサプライヤーE-LEADは、15日まで東京ビッグサイトで開催中の「スマートフォン&モバイルEXPO2015春」において、カーナビゲーションとヘッドアップディスプレイ(HUD)を一体化した「Smart HUD」をゼンリンデータコムのブースで出展した。2015年末までに日本国内で発売を開始するという。

Smart HUDは、本体上部に4インチのフルカラー液晶モニターを備え、ここに映し出されたナビゲーションや様々なガイド表示を専用パネルに反射させて使用する。本体には8GB程度のメモリーを内蔵し、ゼンリンデータコム製のカーナビ用アプリはここに収録している。

電源はシガーソケットから取る一方で、リチウムイオンバッテリーも内蔵しておりバックアップ電源として利用可能。さらにこのバッテリーを活かしてGPS捕捉を常時行うことで再起動時の追従性も高めている。

操作は本体と有線接続したコントロールノブとBluetooth接続したスマートフォンから行う。コントロールノブは回転式で、手もとで操作できるメリットがある。スマートフォンで利用する際は専用アプリのインストールが欠かせないが、これによりスマートフォンからすべての操作が可能になるという。

本体には小型スピーカーも内蔵し、音声ガイドや音楽再生、ハンズフリー通話に使用。スマートフォンとの連携によりインターネットラジオを楽しめ、マイクロSDカードに収録した音楽にも対応。さらにFMトランスミッター機能を備えたことで、カーオーディオを介して再生することも可能だ。

見逃せないのはその高い拡張性だ。オプションとしてドライブレコーダーとの連携をはじめ、赤外線センサーを組み合わせて先行車を認識する安全装備としての利用も可能。あくまで警告レベルでの利用にとどまるが、手軽に先進ITS機能を体感できる注目装備とも言える。

本体の大きさはダッシュボード上に置くにはやや大きめである印象を受けるが、担当者によれば大半の車種に取り付けは可能だとする。また、バッテリーを内蔵しないタイプも用意され、こちらはその分だけ小型になり、取り付けで問題がある場合はそのタイプを選択することを勧めていた。

Smart HUDの日本国内価格は未定だが、台湾では既に販売中で、価格はSmart HUDが8990台湾ドル(日本円換算で3万5000円前後)、標準的なドライブレコーダーで3990台湾ドル(同1万6000円前後)。今後は東南アジア方面でも展開予定だという。

【スマートフォン&モバイルEXPO15】台湾のデバイスメーカーがHUD一体型ナビを日本国内発売予定

《会田肇》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  2. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  3. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  4. 犬や猫の気持ちがわかるウェアラブルスーツが登場!

  5. 着用型ロボットが活躍! 園地除雪がうぃ~んと楽に!!

  6. ドローンの飛行禁止区域等がわかる地図サービス登場!

  7. 【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

  8. 【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

  9. 【ICTが変える高齢化社会:1】広がる医療・介護の市場

  10. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:後編

アクセスランキングをもっと見る

page top