トヨタ次期プロエースの擬装車両をスクープ! 商用バンにOEMの波 画像 トヨタ次期プロエースの擬装車両をスクープ! 商用バンにOEMの波

制度・ビジネスチャンス

今、世界で大コマーシャルバンと呼ばれるモデルの需要が高まっている。商用バンとしてだけでなく普通自動車としても耐えうるクオリティ、メーカーはOEMなどでコストを大幅に削減出来、双方にメリットがある。

このトヨタ『プロエース』はシトロエンのコマーシャルバン『ジャンピー』からOEM供給され、欧州市場へ投入している。

詳細は不明だが、背面の観音開きドアなど高い汎用性を確保したデザインとなるようだ。エクステリアは2011年のフランクフルトモーターショーで公開された、『シトロエン Tubik Concept』をベースにする超未来的デザインが期待されている。

2015年内にシトロエンバージョンをワールドプレミアし、その後トヨタ版は2017年頃に発売されそうだ。トヨタ版はエンブレムの他、フロントバンパーなど独自デザインとなる。

一方のフォード『トランジット』は40年以上に渡り欧州で最も販売台数の多い軽貨物自動車として知られる。

今回の改良型ではヘッドライト、フロントバンパーのデザイン変更及びインテリアのアップデート程度になりそうでフォルクスワーゲンの新型『T6』への対応措置と見られる。

商用バンが熱い! トヨタ プロエース 次期型 & フォード トランジット 改良型をダブルスクープ

《子俣有司@アポロニュースサービス》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 朝ドラ『べっぴんさん』に見る、うまくいく “両輪経営”

    朝ドラ『べっぴんさん』に見る、うまくいく “両輪経営”

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算。6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

    主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算。6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

  4. 国交省の社保未加入対策、現場入場規制で再周知。一覧表や一問一答を用意

  5. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  6. ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に見る“契約”の価値観

  7. 物流デベロッパー・トップの視点(5):グッドマンジャパン社長兼CEO、開発地の調査徹底しリスク回避

  8. 地方の工事減少深刻-10年で出来高4割減も、東京一極集中が強まる

  9. 「地中拡幅工法」検討に苦心…関東整備局が民間企業から意見聴取へ

  10. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

アクセスランキングをもっと見る

page top