トヨタ次期プロエースの擬装車両をスクープ! 商用バンにOEMの波 画像 トヨタ次期プロエースの擬装車両をスクープ! 商用バンにOEMの波

制度・ビジネスチャンス

今、世界で大コマーシャルバンと呼ばれるモデルの需要が高まっている。商用バンとしてだけでなく普通自動車としても耐えうるクオリティ、メーカーはOEMなどでコストを大幅に削減出来、双方にメリットがある。

このトヨタ『プロエース』はシトロエンのコマーシャルバン『ジャンピー』からOEM供給され、欧州市場へ投入している。

詳細は不明だが、背面の観音開きドアなど高い汎用性を確保したデザインとなるようだ。エクステリアは2011年のフランクフルトモーターショーで公開された、『シトロエン Tubik Concept』をベースにする超未来的デザインが期待されている。

2015年内にシトロエンバージョンをワールドプレミアし、その後トヨタ版は2017年頃に発売されそうだ。トヨタ版はエンブレムの他、フロントバンパーなど独自デザインとなる。

一方のフォード『トランジット』は40年以上に渡り欧州で最も販売台数の多い軽貨物自動車として知られる。

今回の改良型ではヘッドライト、フロントバンパーのデザイン変更及びインテリアのアップデート程度になりそうでフォルクスワーゲンの新型『T6』への対応措置と見られる。

商用バンが熱い! トヨタ プロエース 次期型 & フォード トランジット 改良型をダブルスクープ

《子俣有司@アポロニュースサービス》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  3. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

    今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  4. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  5. 誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

  6. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

  7. 山口県光市が新総合病院の建設実施設計技術協力業務プロポ公告。ECI方式

  8. earth music&ecologyが顧客満足1位……その理由は?

  9. 上場ゼネコン大手4社/17年4~6月期決算/3社が受注高3千億円台

  10. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

アクセスランキングをもっと見る

page top