LANケーブルから給電、小規模店舗向け監視カメラシステム――トライポッドワークス 画像 LANケーブルから給電、小規模店舗向け監視カメラシステム――トライポッドワークス

マネジメント

 東京ビッグサイトで15日まで開催されている「2015Japan IT Week 春」内の「情報セキュリティEXPO 春」において、トライポッドワークスは、監視カメラシステム「SecureCamStation」など多数セキュリティ関連の展示を行った。

 「SecureCamStation」は複数ネットワークカメラを一つのモニタリングシステムで管理できる小型カメラサーバで、小規模店舗やオフィスの監視システム構築を想定した製品となっている。

 特徴としては、本システムで使われている監視カメラがPoE給電に対応しているため、電気工事の資格を持たない人でも取り付けが可能という手軽さだ。カメラとNVR(ネットワークビデオレコーダー)、PoEハブをLANケーブルでつなぐだけで監視カメラシステムを運用できるようになる。 

 システムに対応するカメラは、フルHD対応のバレット型カメラとドーム型をラインナップ。SDカードスロットを備えているので、カメラ本体へのローカル保存も可能。いずれもPoE 802.3afに対応し、バレット型に関しては、IP66の防水対応で、夜間撮影を想定して赤外線LEDを搭載している。

 NVRに関しては、4チャンネル対応で容量は2TB×2。動体検知で撮影する「イベントトリガー」や、遠隔地からのライブ監視や録画映像の確認が行える「マネジメントシステム」を搭載している。

 また、「SecureCamStation」よりもさらなる手軽さを追求した製品としては、簡易的なネットワークカメラでシステムを構築する「ViewCamStation」も展示。

 映像の録画及び管理用の「ViewCamStation」本体をブロードバンドルーターと回線終端装置につなぎ、あとはWi-Fi対応の据え置き型のネットワークカメラを任意の場所に置くだけ。セットアップウィザードに従って作業すれば誰でも簡単に使うことができる。

 「ViewCamStation」本体には、映像を短時間再生させるタイムプラス機能や、最大10台のカメラを同一画面に表示させるマルチビューイング機能、スマートフォンやタブレットからの映像確認も行える機能(iOS用アプリも6月に供給される予定)を備える。防犯というよりは、見守りやビニールハウス内の農作物の様子の確認といった用途を想定している。

 他にも中小企業向けオールインワンサーバ「RST-1」など、各種サーバ、管理システムを展示していた。

PoE対応で簡単導入が可能、小規模店舗向け監視カメラシステム

《小菅》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

    リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

  2. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  3. 公営住宅にコンセッションは困難、国交省の調査結果で

    公営住宅にコンセッションは困難、国交省の調査結果で

  4. 建設の経営業務管理責任者、執行役員も対象に

  5. 激戦区北海道でヒット商品を生み出した個人商店の経営哲学――ふらの牛乳プリン

  6. 栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

  7. 手間とコストを削減! 個人事業主向け振込代行サービスが登場

  8. 農産物・食品輸出、過去最高3547億円に リンゴ、牛肉、米伸びる

  9. ファブスコ、EV用急速充電器の購入事業者に120万円を追加補助

  10. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

アクセスランキングをもっと見る

page top