大正大学地域構想研究所が広域自治体の連携協議会開催、自治体首長ら30人が参加 画像 大正大学地域構想研究所が広域自治体の連携協議会開催、自治体首長ら30人が参加

インバウンド・地域活性

 大正大学の付置機関である地域構想研究所が、5月16日に広域地域自治体連携(コンソーシアム)第1回連携協議会を開催。自治体の首長、産官学連携担当者ら30名が参加する。

 地域構想研究所は地域創生、地域の課題解決の基礎研究や地域連携の促進などを目的に昨年10月に創設され、東北地方を中心にした14自治体が加盟する「天の川コンソーシアム」や、太平洋沿岸エリアの8自治体が加盟する「くろしおコンソーシアム」を設立に関わっている。

 連携自治体担当者を集めた今回の連携協議会では事業説明のほか、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局参事官の堀清一郎氏の講演や意見交換会などを実施。自治体同士の連携強化を進めていく狙いだ。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  4. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  7. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  10. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

アクセスランキングをもっと見る

page top