大正大学地域構想研究所が広域自治体の連携協議会開催、自治体首長ら30人が参加 画像 大正大学地域構想研究所が広域自治体の連携協議会開催、自治体首長ら30人が参加

インバウンド・地域活性

 大正大学の付置機関である地域構想研究所が、5月16日に広域地域自治体連携(コンソーシアム)第1回連携協議会を開催。自治体の首長、産官学連携担当者ら30名が参加する。

 地域構想研究所は地域創生、地域の課題解決の基礎研究や地域連携の促進などを目的に昨年10月に創設され、東北地方を中心にした14自治体が加盟する「天の川コンソーシアム」や、太平洋沿岸エリアの8自治体が加盟する「くろしおコンソーシアム」を設立に関わっている。

 連携自治体担当者を集めた今回の連携協議会では事業説明のほか、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局参事官の堀清一郎氏の講演や意見交換会などを実施。自治体同士の連携強化を進めていく狙いだ。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

    北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  5. 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

  6. 【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  7. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  8. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  9. 小田原市民ホール整備事業、大屋根と町家の屋根で伝統を表現

  10. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

アクセスランキングをもっと見る

page top