大正大学地域構想研究所が広域自治体の連携協議会開催、自治体首長ら30人が参加 画像 大正大学地域構想研究所が広域自治体の連携協議会開催、自治体首長ら30人が参加

インバウンド・地域活性

 大正大学の付置機関である地域構想研究所が、5月16日に広域地域自治体連携(コンソーシアム)第1回連携協議会を開催。自治体の首長、産官学連携担当者ら30名が参加する。

 地域構想研究所は地域創生、地域の課題解決の基礎研究や地域連携の促進などを目的に昨年10月に創設され、東北地方を中心にした14自治体が加盟する「天の川コンソーシアム」や、太平洋沿岸エリアの8自治体が加盟する「くろしおコンソーシアム」を設立に関わっている。

 連携自治体担当者を集めた今回の連携協議会では事業説明のほか、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局参事官の堀清一郎氏の講演や意見交換会などを実施。自治体同士の連携強化を進めていく狙いだ。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  4. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

  5. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  6. 富裕層インバウンドの法則その2

  7. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  8. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  9. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  10. 【対談】広島県知事vsアスカネット社長…広島にはイノベーターを生み出すDNAがある

アクセスランキングをもっと見る

page top