ミャンマー ダウェイ経済特区について日本・タイ・ミャンマー政府が開発協力に合意 画像 ミャンマー ダウェイ経済特区について日本・タイ・ミャンマー政府が開発協力に合意

海外進出

7月に3カ国が合意文書に署名する予定
タイ政府によると、タイを訪問中の和泉洋人首相補佐官は5月11日、政府官邸でプラユット暫定首相とプリディヤトーン副首相とそれぞれ会談した。

和泉首相補佐官は、予てより日本政府が積極的に参画をタイ政府に申し出ている「ダウェイ経済特区開発」の協力に関して意思を確認。7月にはタイ、ミャンマー、日本の3カ国が合意文書に署名する見通しとなった。

ダウェイ経済特区はミャンマー南東部に位置し、工業団地や大型港湾、高速道路などを建設する大規模プロジェクトで、実現すれば東南アジア最大の経済特区となる。

日本側の準備が完了
今年2月にタイのプラユット暫定首相が来日した際、タイとミャンマー両政府が出資して設立した特別目的事業体(SPV)に参画し、出資に向けて準備を開始することを約束。

今回の会談で和泉首相補佐官より、国際協力機構(JICA)と日本銀行を介して国際協力する準備が整ったことが伝えられたとみられる。今後、日本側は専門家の派遣や道路建設に関する調査を実施するようだ。

ダウェイ経済特区はベンガル湾に面しており、インドなどへの輸送拠点あるいは製造拠点として日本企業からの関心も高い。

(画像はBangkok Postより)

【ダウェイ経済特区】日本・タイ・ミャンマーが開発協力:7月に署名

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  3. 【国産家具を世界へ!:1】日本だけの“ストーリー”をデザインする

    【国産家具を世界へ!:1】日本だけの“ストーリー”をデザインする

  4. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  5. 【国産家具を世界へ!:2】インバウンドを世界市場につなげる

  6. タイ現地法人が貢献する「前田建設のグローバル戦略」

  7. 三菱自動車マレーシア、現地で人気のトライトンに新型

  8. 越境ECサイトで成功、海外に必要とされる中古車輸出とは?

  9. ジャカルタのショッピングモールで、日本外食企業が短期出店。現地の反応を調査

  10. マツダ、タイでSKYACTIVエンジンの量産開始

アクセスランキングをもっと見る

page top