市場は健在? ガラケーが7年ぶりに出荷台数増加 画像 市場は健在? ガラケーが7年ぶりに出荷台数増加

IT業務効率

 MM総研が14日、2014年度の国内携帯電話出荷概況を発表。スマートフォンの出荷数が減少するなか、フィーチャーフォン、いわゆるガラケーの出荷台数が7年ぶりに増加した。

 スマートフォン、フィーチャーフォンを合わせた2014年度の携帯電話総出荷台数は3788万台で、前年比3.8%減で3年連続となった。スマートフォンの出荷も減少傾向で、前年比7.2%減の2748万台で、2012年にピークを迎えて以来、2年連続で出荷台数が減っている。これに対して、2007年度以来7年ぶりに出荷台数が増加したのがフィーチャーフォン。1040万台と前年比6%の増台を記録した。

 スマートフォンは2008年度に出荷台数100万台を突破。2011年度以降急激にシェアを伸ばし、現在は7割以上を占めている。一方でフィーチャーフォンからスマートフォンへの移行ペースは鈍化傾向で、スマホの性能向上により買い換えペース低下が進んだこともあり、出荷は減少に入っている。

 MM総研はフィーチャーフォンの根強い支持の理由として、スマホの料金プランの高さや、フィーチャーフォンで機能的に十分な層の存在、フィーチャーフォンへの回帰ユーザーの存在を挙げている。今年4月には、2017年以降に国内メーカーのフィーチャーフォン生産終了が報じられたが、市場では一定の需要があることが明らかになった形で、MM総研も向こう数年は20%前後の出荷シェアを占め続ける予測を出している。部品供給など含め、ガラケー市場はしばらく存続するといえそうだ。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  2. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  3. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  4. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  5. 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

  6. 【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

  7. 新宿三井ビル屋上設置TMD、制震効果を発揮。建物の揺れを軽減

  8. 【定額制ビジネスに勝算あり:3】少子化の今こそ子どもにフォーカス!

  9. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  10. 【ICTが変える高齢化社会:4】遠隔医療、シーズでなくニーズを

アクセスランキングをもっと見る

page top