小ロット製造業を形に……学生ベンチャーが3Dプリンタによる一眼向けカメラレンズを製品化 画像 小ロット製造業を形に……学生ベンチャーが3Dプリンタによる一眼向けカメラレンズを製品化

IT業務効率

 学生によるベンチャー企業・YOKOITOが3Dプリンターで製造したレンズ交換式カメラ用のレンズキット「FAB-LENS(ファブレンズ)」を発表。5月16日、17日に東京ビッグサイトで行われるデザインフェスタVol.41にて展示、販売を行う。

 FAB-LENSはプロダクトデザイナーの鈴木雄貴、グラフィックデザイナーの深地宏昌との共同で開発されたもの。交換式レンズを構成する各パーツをユニット単位でデータ化し、3Dプリンターで出力して組み立てることでひとつのレンズとなる。組み立て式のため、マウントやレンズ、絞り部分の交換、追加が可能で、組み合わせによって性能が変えられるのが特徴だ。絞りの形状を変えることで星やハート型など特殊な形のぼけみをつくったり、フードなどのカラーを変えたりといった楽しみ方ができる。パーツの組み合わせという形を取ることで、小ロット製品でも豊富なバリエーションを生めるのが強みだ。

 本体は熱溶解によってプラスチックを形成するFDM式3Dプリンターで出力、レンズ部と外箱は紙をレーザーカッターで切り出している。カメラレンズ製品で本体をFDM式3Dプリンター出力したものはこれが初となる。

 また、レンズの各データはオープンソースとしてネット上に公開されており、ユーザーがカスタマイズ用パーツを家庭用3Dプリンターで出力して組み替えることが可能。

 公式サイトで通販も行っており、ESマウント対応のレンズセットが販売されている。価格は8640円。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  3. 【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

    【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

  4. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  5. ”家飲みカフェラテ”じわり増加。サントリーさらに新商品で攻める

  6. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  7. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  8. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  9. 民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

  10. 日本の野菜や牛乳を海外へ、ホクレンら5社と鮮度保持技術の実証実験

アクセスランキングをもっと見る

page top