新潟で革新的稲作の実証プロジェクト始動――新潟市、ベジタリア、ウォーターセル他 画像 新潟で革新的稲作の実証プロジェクト始動――新潟市、ベジタリア、ウォーターセル他

インバウンド・地域活性

 新潟市、NTTドコモ、ベジタリア、ウォーターセルは14日、「革新的稲作営農管理システム実証プロジェクト」に関する協定を締結した。このプロジェクトは、水田センサおよびクラウド型水田管理システムを、新潟市の稲作農業生産者に導入するものだ。

 新潟市の稲作農業生産者22者(13法人、9個人)が対象で、実施期間は、5月14日から2016年3月31日まで。稲作農業生産者の水田に、通信モジュールを搭載した水田センサを設置。湿度・温度・水位・水温等を自動で計測し、解析を行う。

 これまで各農家の経験や勘に頼っていた経営を、ICTを軸とすることで効率化を図る。これにより、日々の圃場管理の効率化のほか、省力化、コスト削減が可能になる。また収穫量増加や品質向上に役立つ情報を、農業従事者がスマートフォンなどで確認可能となる。

 ドコモが、水田センサと水田管理システムをつなぐ通信モジュールの提供、通信エリアの電波状況確認に基づくコンサルティングを行う。ベジタリアは、水田センサ、水田管理システムの開発、水田管理システムの提供、ウォーターセルは、水田への各センサシステム等の機器設置およびメンテナンスなどを担当する。

ドコモ、ITで“革新的な稲作農業”めざすプロジェクトに参画

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

    東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

  2. ムラサキウニ、キャベツで養殖したところ、高級食材に!

    ムラサキウニ、キャベツで養殖したところ、高級食材に!

  3. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

    JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

  4. グリーンツーリズム、20年までに年間1300万人目標/経済効果も期待

  5. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  8. 「わたし夢川ゆい、お米応援大使よ」全農がアニメキャラでPR

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 東京都中央区日本橋の首都高、地下移設/再開発と一体、五輪後着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top