那覇市内はゆいレールに乗り換える「パーク&モノライド」構想――延伸工事が進む 画像 那覇市内はゆいレールに乗り換える「パーク&モノライド」構想――延伸工事が進む

インバウンド・地域活性

那覇空港~首里間(那覇市)を結ぶ沖縄都市モノレール線(ゆいレール)では、てだこ浦西駅(浦添市)までの延伸工事が行われている。約4kmの延伸ルート上には、石嶺・経塚・浦添前田の中間駅や、ゆいレール初となるトンネルが設置される。

ルートは首里駅から汀良交差点や首里郵便局、石嶺交差点、沖縄国際センター西側、浦添警察署前、浦添市消防本部を経て、沖縄自動車道の幸地バスストップにほど近い、てだこ浦西駅に至る道のり。そのほとんどは既存道路に沿っているが、一部に丘陵地帯を上から越える区間や、地下トンネル区間が存在する。

石嶺交差点の北側や、沖縄国際センターの西側には丘陵地帯が広がり、付近には背の高い橋脚が建っていた。また、浦添市消防本部付近からてだこ浦西駅に至るライン上で、モノレールはいったん地中へともぐる地下トンネル区間ができる予定だが、いまのところその進ちょくは見られない。

沖縄県などは、市街地をモノレールで、沖縄の南北を高速バスやレンタカーなどでアクセスする「パーク&モノライド」を推し進めており、てだこ浦西駅周辺に沖縄自動車道のスマート・インターチェンジ(スマートIC)や高速バスターミナル、パーク&モノライド駐車場などを整備する構想もある。ゆいレールの延伸区間が完成し、てだこ浦西駅周辺の開発も進めば、同駅は沖縄本島を南北に結ぶ“沖縄の背骨”沖縄自動車道と、那覇市の中心市街地を貫くゆいレールの乗換え拠点となる。

沖縄自動車道にアプローチするモノレール…延伸区間に姿を現した橋脚や駅

《大野雅人》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 富裕層インバウンドの法則その1

  5. 東京都の技能人材育成大賞に中野の縫製工場、作業動画の共有など

  6. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

  7. 【Sakeの海外戦略:2】酒蔵ツアーに見る海外ニーズ

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 観光関連ビジネスは顧客ターゲットを訪日外国人へ!旅行・観光消費動向調査

  10. 水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

アクセスランキングをもっと見る

page top