センサーやデバイスのためのクラウド基盤――IoT BaaS 画像 センサーやデバイスのためのクラウド基盤――IoT BaaS

IT業務効率

 東京ビッグサイトで15日まで開催中の「IoT/M2M展」でデバイスのためのクラウド基盤サービスを展示している企業を発見した。Kiiというベンチャー企業だ。

 クラウド上のさまざまなサービスには、提供するコンピュータリソースによってIaaS、PaaS、SaaSといった分類がある。それぞれ、サーバーのハードウェア環境をクラウドで提供する(IaaS)のか、サーバーに加え開発環境やデータベースシステムまで提供する(PaaS)のか、アプリケーションの機能を提供する(SaaS)のか、といった違いで分類される。

 Kiiが提供するのは、IoT機器やセンサーネットワーク向けに提供するクラウドだ。Iaas/PaaS/SaaSでは、クラウドにつながるのはPCやスマートフォンであり、その背後には人間のユーザーがいることが前提となっている。Kiiが提供するクラウドサービスは、IoT BaaS(Backend as a Service)といい、クラウドに接続されるのはカメラやセンサー、あるいは各種制御システムなど、デバイスやハードウェアが前提となる。

 会場での展示は、実際にIoT BaaSを利用した製品やサービスのためスマートフォンを経由するものが多かったが、例えば製造業などは、組み立てラインのカメラネットワークやセンサー、製造マシンなどを直接IoT BaaSに接続することで、製造ラインの稼働状況、効率を把握して、クラウド上で生産を制御するといったことが可能だ。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ロボスーツと疲労軽減ウエアを併用、重作業の負担軽減 竹中工務

    ロボスーツと疲労軽減ウエアを併用、重作業の負担軽減 竹中工務

  2. 東京メトロ、トンネルなどメンテにiPadアプリを独自開発

    東京メトロ、トンネルなどメンテにiPadアプリを独自開発

  3. 軽貨物版Uber? 利用者とドライバーをマッチングする「単身引越サービス」

    軽貨物版Uber? 利用者とドライバーをマッチングする「単身引越サービス」

  4. 多関節ロボット、成功のポイントは?

  5. 「未来投資戦略2017」、ドローンの荷物配送やトラック隊列走行を実現化へ

  6. 大成建設、タブレット版の生物多様性簡易評価ツール開発

  7. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  8. 農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

アクセスランキングをもっと見る

page top