白内障で失明することもあるミャンマーで活動を続ける医療法人藤田眼科 画像 白内障で失明することもあるミャンマーで活動を続ける医療法人藤田眼科

ライフ

藤田眼科が貢献する「ミャンマー眼科医療活動」とは?
日本にある医療法人 藤田眼科は1999年から「ミャンマーの眼科医療活動」に貢献している。日本とミャンマーがこのような方法で交流を深めていることは、言葉も文化も異なる日本人とミャンマーの人々が、互いの国を知るためにとても価値のあることだと思われる。同サイトで院長は、「ミャンマー訪問の回を重ねるごとに、現地の医師や医療スタッフとの間に信頼の絆が芽生えていく、確かな手ごたえを感じています」(医療法人藤田眼科より)と述べている。

どんな活動をしているのか?
ミャンマー眼科医療の活動は1999年から開始され、眼科医療分野について発展が遅れていたミャンマーに、当時すでに日本で広く用いられていた“超音波白内障の手術”を指導している。

日本眼科医師数と比べて、ミャンマー眼科医師の数は多くなく、薬剤不足やインフレの整備不足、悪い衛生状況などによる理由で、ミャンマーでは白内障や角膜感染症、トラコーマなどで失明してしまう人が多くいるという。

ミャンマー眼科医療に貢献するチームはミャンマーに毎年訪問し、超音波白内障手術の指導実技をはじめ、薬剤および器具の寄付、現地の手術器械メンテナンス、さらにミャンマー眼科医師とともに手術学会開催などの活動を行っている。

民主国家になり発展が進むミャンマーだが、眼科医療分野では薬品や器械が多く不足しており、諸外国が協力してミャンマーへの医療援助を実施することは大事だということだ。

(画像は医療法人 藤田眼科より)

ミャンマーの人々を失明から救う!藤田眼科「ミャンマー眼科医療活動」とは?

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 【フォトレポート】新幹線・スバル360・カップヌードル・アーム筆入れ・日本の産業技術が集結

    【フォトレポート】新幹線・スバル360・カップヌードル・アーム筆入れ・日本の産業技術が集結

  2. 注目集める緑色蛍光シルク……養蚕復興に新たな可能性

    注目集める緑色蛍光シルク……養蚕復興に新たな可能性

  3. 清水建設北陸支店、金沢市・玉川こども図書館に海外絵本寄贈

    清水建設北陸支店、金沢市・玉川こども図書館に海外絵本寄贈

  4. 往復150円で「最後のひと乗り」...香港国際空港MTR

  5. 「葛根湯」などに使用の麻黄、東京農大・金沢大の研究チームにより国産化にめど

  6. 厚労省が建設業団体に交通事故死の防止要請、現場~事務所往復時の発生が大半

  7. 学校施設管理の一工夫……ガラスフィルムで可能な防災・省エネ対策

アクセスランキングをもっと見る

page top