繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは? 画像 繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

マネジメント

 「アイデアは無限大。合成繊維の技術で作れないものはない」。今や日本の繊維業界をリードする北陸の雄、小松精練の代表取締役社長、池田哲夫氏は自信に満ちた表情を浮かべながら、ずばり言い切った。

 石川県能美市に拠点を置く小松精練の強みは「一つの要素技術を多彩な用途に展開できること」であると池田氏は語る。アジアを中心とした海外の生産工場の技術力が急速に高まり、現在は日本国内で販売されている繊維製品の約97%が海外産という、国内繊維業界にとっては困難な状況が続いているが、小松精練はなぜ成長を続けることができるのだろうか?「それは、当社の染色加工技術が世界の先端を行っているからだ」と池田氏は胸を張る。

 国内の繊維産業が苦戦を強いられる中、小松精練グループの国内生産量は順調に増え続けている。小松精練の地元である北陸地方の繊維産業は、「絹=シルク」をベースに、レーヨンからナイロン、ポリエステルに続く合成繊維の変遷を上手に採り入れて発展を遂げてきた。東レ、テイジン、カネボウなど大手合成繊維メーカーの製造拠点を誘致できたことも北陸の地盤強化につながった。だが、小松精練という会社は、けっして北陸地域全体の成長に身を委ねながら、困難をやり過ごしてきたわけではない。自らの手で成功を呼び込むために、「3つの大胆な戦略」に打って出た。

■ビジネスを成長軌道に乗せた「3つの大胆な戦略」

 一つめの戦略は、1973年の販売部設立だ。それまで小松精練は大手合成繊維メーカーからの委託加工をビジネスの主柱としてきたが、国内でオイルショックが発生した煽りを受けて、大手メーカーの体力が低下してきたことに伴い、同社は自ら製品を企画し、作って販売するという道を選択した。池田氏は「これが奏功したことにより、自らの要素技術を活かしながら様々なビジネスのフィールドを切り拓いていくという精神が社員一同に培われた」とし、この戦略が同社にとっての大きなターニングポイントの一つと位置づける。

 二つめは2002年に発売した「ビンテージ繊意」の商品化だ。綿やウールなど原糸の持つ風合いを活かしながら、高度な染色加工技術により「合繊でも化合繊維でもない」、全く新しい独自の質感を持つテキスタイルが登場した。天然繊維である綿やウールに限りなく近い風合いを備える合成繊維をつくり、その生存領域を広げるという斬新なアイデアが支持を集め、いまでも同社を代表するヒット商品にまで急成長を遂げた。

 そして三つ目が、現在の小松精練のブランドイメージを確立させた、欧州のアパレル先進市場を中心とした海外進出だ。日本国内では染色整理メーカーとして広く認識されていた小松精練だが、2003年にはビンテージ繊意を携えて、パリやミラノをはじめとするファッションの先端に乗り込んだ。当時フランスのパリで開催されるテキスタイルショーの「プルミエール・ビジョン」が日本をはじめ海外企業に出展の門戸を開いたことも同社にとっては好運な出来事だったが、この出展による成功が、同社の高い技術力を世界に知らしめ、その後数々の展示会に出展を続けてきたことによって小松精練のブランドイメージが高まり、信頼の獲得につながった。日本のメーカーがヨーロッパ進出で成功を収めることは簡単ではなかったはずだ。その勝因は、同社会長の中山賢一氏が起ち上げたコンセプトである「ファッションとテクノロジーの融合」を徹底して押し進めてきたからだと池田氏は語る。その好例の一つが、イタリアにおけるウール加工のトップメーカーであるロロ・ピアーナとの協業だ。

■成功のキーワードは「ファッションとテクノロジーの融合」

 「ロロ・ピアーナも自らアパレルブランドをつくり、ショップを立ち上げて積極的なブランディングを展開してきたメーカーです。同社が防水性能を付加した冬物のアウター商品を開発していた頃に、小松精練はヨーロッパでスポーツウェア向けに高性能な透湿フィルムを提供していました。世界最高峰のウール生地に、当社の先端技術による透湿フィルムを組み合わせた、防寒性の高いセーターやジャケットの共同開発が実現したことで、以後毎年に約30万メートルのフィルムが当社から出荷されました。また生地との貼り合わせに用いる機械設備やホットメルトなども販売しました。イタリア最高峰のファッションブランドと協業できたこtで、当社の先進技術に世界から注目が注がれました」

 ヨーロッパ以外の地域で小松精練が躍進している例もある。その一つが中東だ。この地域で男性が日常的に身に着ける白色の民族衣装「トーブ」は、約90%が小松精練の素材であるという。一見するれば単色の白に見えるが、その内訳は100種類を超える白色に細分化され、また生地のテクスチャーにも何十通りものパターンがある。「これだけのバリエーションを揃えることができるのは当社の他になく、後から他の国々が参入したとしても、恐らく追いつけるメーカーはないと思います」と池田氏は自信を持って言い切る。

 マーケティングの観点から市場を入念に分析しニーズを巧みに捉えながら、先端技術を多様に展開できることが小松精練の大きな強みだ。それは例えば「ハンカチとして高い評価を得た素材をアウターウェアに、あるいはブラウスの生地をスキーウェアへと改質・改変できること」だ池田氏は説く。例えば、イタリアでは高級ベッドシーツの素材は「麻」と相場が決まっているが、天然の麻は取り扱いが難しい素材でもある。「麻の質感を備えながら、より取り扱いが容易なファブリック」を求めるニーズが隠れていることを、入念なマーケティング調査により掘り起こした小松精練は、通常の合繊をシルクのように優しくきめ細かな風合いに仕立てた特殊な形状保持素材「テクノビンテージBJ」を開発。これがイタリア市場でヒット商品となり、小松精練のブランドのステータスがさらに飛躍するきっかけとなった。「糸を単純に織り上げて染めるだけではなく、そこに必ず当社の強みである“テクノロジー”のエッセンスを加えながら、使う方々に“驚き”を与えるものづくり」は、同社のDNAに深く刻まれていると池田氏は胸を張る。

■マーケティング力を活かして多彩なアイデアを練り上げる

 小松精練が開発する製品は衣類を起点に、様々な分野の製品に応用されている。スノーボードウェアの生地に使われている「湿式発泡素材」を例に取ってみよう。ウレタンを発泡させて細かい繊維をつくることで、外側から水を通さず、内側の水蒸気のみを通過させることで蒸れを逃がす「透湿防水」を実現した点がこの素材の注目すべきところだ。同じ素材をヘッドホンのイヤーパッドに応用したものを、ボーズをはじめとするオーディオメーカーが採用している。本革に迫る滑らかな質感を与えることができるため、日産「フーガ」の内装素材にも改変されている。これを化粧用のパフに展開すれば、より滑らかなファンデーションによるメイクができることから、これもまた高く評価されている。極めつけは、同じ素材をさらに高度化しながら吸音力を向上した素材が、新幹線N700系の連結部分のカバーの素材に採用されている。一つの先進技術を多彩な用途に広げられる発想力の原点はどこにあるのだろうか?池田氏はそれを「一つの事に真剣になれるかどうかだ」と説く。

 「小松精練は『ある繊維をどのように加工するか』という、一つの事に集中しながら技術を研ぎ澄ましてきたメーカーです。だから、一つの事を極めればこそ、そこから生まれるアイデアを色々な対象に広げることができます。例えばオフィスビルの天井パネルとして、もっと安価で吸音性の高い部材が提供できないか?汚れをこぼしても繊維の中に染みこまず、浮いた汚れを簡単に拭き取れる素材をカーペットがつくれないか?合成繊維の加工技術を高度化しながら、応用できる手段を絶えず考えることから商品開発の種が芽吹いてくるものです。当社中山会長の時代から、マーケティングをベースに会社を変えていくというフィロソフィーが小松精練の中に息づいています。アイデアは無限大に広げることができます。だから、合成繊維の技術で作れないものは何もありません。」

 新しく、面白い技術を探求しながら小松精練。同社が探求してきた技術や製品は、自ずとクライアントが心待ちにしてきた解決策として結び付いてきた。「現状に満足してしまう経営者なんて、恐らく一人もいないと思います。すべての経営者がお持ちであろう、『もっと新しく、画期的なものが提案できないか』という向上心に、当社の高次加工の要素技術が出会い、新しい価値を一緒に生み出していきたいと考えています」


■合成繊維の技術力で「着るエアコン」もつくれる

 「美」「安全」「健康」「快適」「環境」という5つのキーワードは、小松精練の商品開発と事業展開を成功に導く羅針盤だと池田氏は語る。ヨーロッパ進出によりブランドイメージを高めながら「美」を見極める力を育んできた。これからブランドイメージをさらに盤石なものにするために、得意としてきた「アウターウェア」の領域を広げることにも積極的にチャレンジしたいと池田氏は意気込む。欧米が先行する「安全」の面では、ワークウェアのための高品位商品を開発中だ。近く“世界初”と呼べる、高い安全性を備えた商品を世界に向けて発表する計画もあるという。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、スポーツウェアのための革新的な技術も開発を進めている。例えば、紫外線や可視光線を防ぎながら温度調整もできるような、高度な合成繊維技術を活かした「着るエアコン」と呼べるようなテキスタイルを実現し、「快適」さを追求することを同社は一つの目標に掲げている。「健康」については今後の高齢化社会に向けて、高齢者にも優しい衣服や寝具、インテリアなど取り組むべきフィールドは数多いとしながら池田氏は指折り数える。

 また「環境」にも重きを置きながら、「ビジネスのかたちにして発信できるかが大事」と池田氏は説く。小松精練の取り組みには、染色産業の廃棄物を有効活用することによって開発した超微多孔性発泡セラミックス基盤の「greenbiz(グリーンビズ)」というエコ建材がある。2009年に発売し、2014年10月から屋上、および屋上緑化材、駐車場の路面材など多くの導入実績をつくってきた。今年3月の北陸新幹線の開通に合わせて、富山県・富山駅北停留所内でもグリーンビズが使われた。

 小松精練ではグリーンビズに加え、耐震補強材としては世界初の熱可塑性炭素繊維複合材料である「カボコーマ・ストランドロッド」を用いた耐震工法により、旧本社棟をベースにアーカイブ棟を建設中だ。今年11月にオープンを予定している。成功を遂げてきた小松精練の歴史の一端に触れられる場所になりそうだ。

【連載・視点】合成繊維の技術で作れないものはない!成功を呼び込んだ小松精練の戦略

《山本 敦》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. インバウンドだけでなく日本人旅行者も…星野リゾート代表

    インバウンドだけでなく日本人旅行者も…星野リゾート代表

  2. 改造内閣、国交相に旧建設省技官出身・石井啓一氏

    改造内閣、国交相に旧建設省技官出身・石井啓一氏

  3. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

    移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  4. 人が足りない「鳶業界」に脚光を!5月24日に「鳶-1GP in関東」開催決定

  5. 本日の新聞から:米で高級日本車人気、NSX 新型1号車は1億4500万円

  6. 無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

  7. E&CSのレンズダンパーが耐震補強で初採用

  8. 国交省、道路老朽化対策の技術基準作り着々

  9. 首都高速会社が大規模更新事業で羽田線大師橋架替。事業者向け説明会、3月16日に都内で

  10. 物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

アクセスランキングをもっと見る

page top