コピー商品対策に朗報――海外への意匠登録が一括出願可能に 画像 コピー商品対策に朗報――海外への意匠登録が一括出願可能に

海外進出

 経済産業省は13日、「意匠」の国際登録制度について定めた「ジュネーブ改正協定」が、日本でも正式に発効したことを発表した。これにより、日本でも国際登録制度が利用可能となる。

 「意匠」とは、物品の形状、デザイン、画面など、「物品のより美しい外観、使ってより使い心地のよい外観を探求するもの」と意匠法で定められており、知的財産として保護対象になっている。従来、日本の企業が複数国で意匠権を取得する場合、各国の官庁に対して、異なる言語・書式・通貨で個別に出願する必要があった。そのため、日本政府は今年2月に、国際条約である「意匠の国際登録に関するハーグ協定のジュネーブ改正協定」(ジュネーブ改正協定)に加入するための手続を行った。

 ジュネーブ改正協定では、世界知的所有権機関(WIPO)国際事務局、または自国官庁(日本は日本国特許庁)を通して手続をすることで、複数国・複数意匠(最大100意匠)の一括出願が可能となっている。これにより、国際登録制度を利用することで、複数の協定締約国での意匠権の取得と管理が、より簡単になる見込みだ。

 ジュネーブ改正協定は、米国についても本日付けで発効。協定締約国は、EUや韓国を含む49の国と政府間機関となっている。

「意匠」の国際登録制度、日本でも利用スタート……複数国一括の出願が可能に

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

    アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  4. ~ポストものづくり時代:3~B2BからB2Cへの脱却!

  5. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  6. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  7. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  8. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  9. ホテルオークラ、ベトナム・ホーチミン市で2020年開業

  10. ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

アクセスランキングをもっと見る

page top