【倒産情報】プラント機器・機械装置設計・製造の長崎製作所自己破産へ 画像 【倒産情報】プラント機器・機械装置設計・製造の長崎製作所自己破産へ

マネジメント

 11日、長崎製作所(資本金2000万円、藤沢市遠藤2012-2、代表長崎民郎氏)は、東京地裁へ自己破産を申請した。

 長崎製作所は1985年設立のプラント機器・動力部品・各種機械装置の設計および製造メーカー。大手メーカーなどにステンレスやアルミの加工装置、板金・製缶装置を治めるなどしていた。2010年にはベトナムに現地法人を設立するなど業務を拡張していた。2014年の売上高はおよそ71億3200万円。

 自己破産の原因は材料費の高騰による債務超過。受注の選別、内製化など経費削減の施策も功を奏さず、資金繰りの悪化から事業継続を断念した。負債総額は約39億円。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

    上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

  2. 不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

    不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

  3. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

    グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

  4. レクサス・マレーシア、2.0ターボ搭載の「IS200t」を発表

  5. 伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

  6. 超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

  7. 激戦区北海道でヒット商品を生み出した個人商店の経営哲学――ふらの牛乳プリン

  8. ブラック企業の定義は? 意外にも「○○な企業」はブラックではない!?

  9. 京都の伝統と革新を“和える”若き女性起業家の思い

  10. リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

アクセスランキングをもっと見る

page top