プレスくずが排出されない?工場トラブルの監視システムが高速カメラに対応 画像 プレスくずが排出されない?工場トラブルの監視システムが高速カメラに対応

インバウンド・地域活性

 コンピュータシステムの企画、開発、製造、販売を手がけるイマジオムは、生産ラインや製造機械など工場内で発生するトラブルを監視するカメラシステム「TargetWatcher(ターゲット・ウォッチャー)」の機能を拡張した。

 新たにXIMEA製の産業用カメラ「MQ003CG-CM」に対応したことで、毎秒500フレームの高速撮影が可能となった。これにより、トラブルの原因となる事象が一瞬のものであっても、撮影・記録して原因究明に役立てられる。

 例えば、プレスくずがうまく排出されない、組み立て機械に材料が入らない、工作ロボットが部品をうまくつかめない、食品がうまくパッケージに入らないなどといったトラブルを撮影・記録。その映像からトラブルの原因を究明し、再発防止に結びつけることができる。

 工場トラブルは、たとえ些細なものであっても生産効率の低下を招き損失へとつながる。大きなトラブルを未然に防ぐばかりか、生産性の向上のためにも、この監視システムは大きな武器となりそうだ。

 TargetWatcherは、カメラとパソコンを接続することで工場内を監視できるシステム。約200万円から導入することが可能だ。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  4. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  5. 大規模案件を直接受注、企業連合で大手に対抗する地方SE

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

  8. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  9. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  10. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

アクセスランキングをもっと見る

page top