町工場から日本を活性化する「JUMP UP JAPAN」、クラウドファンディングで五光発條のバネをジュエリーへ 画像 町工場から日本を活性化する「JUMP UP JAPAN」、クラウドファンディングで五光発條のバネをジュエリーへ

インバウンド・地域活性

 「日本の中小企業が持っている力に、思いがけない視点、思いがけない発想、思いがけない人や企業を結び付けていく」というコンセプトのコ・クリエーション(共創)プロジェクト「JUMP UP JAPAN(ジャンプ・アップ・ジャパン)」。同プロジェクトの第一弾となる「SPRING JEWELRY(スプリング・ジュエリー)」が、クラウドファンディングにより商品化されることになった。

 「SPRING JEWELRY」は、「JUMP UP JAPAN」により五光発條代表取締役の村井秀敏氏、西村拓紀デザイン代表取締役の西村拓紀氏、造形アーティストの志喜屋徹氏が手を組んだプロジェクト。五光発條が製造するバネを組み合わせてジュエリーとして商品化を目指す。プロジェクトの費用は、クラウドファンディングプラットフォームのMotionGalleryを通じて出資を募ったが、出資金は11日23時59分に127人から152万7200円が集まり、目標金額の150万円を突破した。

 思いがけない視点・発想・人との結びつきから、町工場の製品にジュエリーという新たな商品価値を創出。そして新事業の実現で壁となる資金集めを、クラウドファンディングという新たな手法で実践――「SPRING JEWELRY」のプロジェクトから学ぶことは多い。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. 東急東横線の渋谷旧線跡開発、『日本一訪れたい街』を目指す!

  5. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  6. タイのアパレル繊維関連60社が出展、大阪で商談会

  7. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  8. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  9. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  10. 小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

アクセスランキングをもっと見る

page top