海外へ売り込める日本の料理や食材は? 画像 海外へ売り込める日本の料理や食材は?

インバウンド・地域活性

 タキイ種苗は、日本在住の外国人を対象に「日本の食文化に関する意識調査」を実施。その結果、1週間で計21回の食事のうち、日本食を食べる回数が平均10.9回と約半数にのぼることがわかった。

 そこで「日本食の素晴らしいところ」を尋ねると、1位は「食材が新鮮」(77.7%)、2位は「盛り付けが美しい」(63.4%)、3位は「カロリーが低くてヘルシー」と「栄養バランスに優れ、健康的」(ともに58%)となった。

 「自分の国の人におすすめ出来る、美味しいと感じる日本食」という質問では「ラーメン」(76.8%)がトップ。以下、「寿司・刺身」(73.2%)、「天ぷら」(67%)、「お好み焼き」(60.7%)、「カレーライス」(56.3%)と続いた。逆に「嫌いな日本食」を尋ねると、「納豆」や「漬物」などの発酵食品をはじめ、「寿司・刺身」や「生卵」といった生食文化に抵抗を感じている状況がうかがえる。

 「日本で食べて美味しいと感じた野菜」は、「新鮮だから」「日本独特の味がするから」「色合いがキレイだから」という理由からトップになったのは「サツマイモ」。2位は「新鮮だから」「甘いから」「みずみずしいから」という理由で「トマト」、3位は「栄養が豊富だから」「新鮮だから」「安全だから」という理由から「カボチャ」が挙がった。

 同調査で好評だった料理や食材は、海外からやってくる外国人をもてなす際に提供することはもちろん、海外へ積極的に売り込んむアウトバウンドの商材としても注目したい。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「原宿駅前プロジェクト」で、竹下通り周辺はどう変わる?

    「原宿駅前プロジェクト」で、竹下通り周辺はどう変わる?

  2. 20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

    20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

  3. 渋谷駅近くの2大プロジェクトの名称、「渋谷ストリーム」と「渋谷キャスト」に

    渋谷駅近くの2大プロジェクトの名称、「渋谷ストリーム」と「渋谷キャスト」に

  4. “廃棄物の地産地消”めざす……自家発電ボイラ副産物を再資源化 日本製紙石巻工場

  5. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  6. 東北整備局、津軽ダムが試験湛水開始、施工は安藤ハザマJV

  7. JR東、渋谷駅大規模改良が本体着工

  8. 東海地区に22店舗、スーパー「トミダヤ」が再生支援要請……地域経済活性化支援機構が応じる

  9. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  10. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

アクセスランキングをもっと見る

page top