海外へ売り込める日本の料理や食材は? 画像 海外へ売り込める日本の料理や食材は?

インバウンド・地域活性

 タキイ種苗は、日本在住の外国人を対象に「日本の食文化に関する意識調査」を実施。その結果、1週間で計21回の食事のうち、日本食を食べる回数が平均10.9回と約半数にのぼることがわかった。

 そこで「日本食の素晴らしいところ」を尋ねると、1位は「食材が新鮮」(77.7%)、2位は「盛り付けが美しい」(63.4%)、3位は「カロリーが低くてヘルシー」と「栄養バランスに優れ、健康的」(ともに58%)となった。

 「自分の国の人におすすめ出来る、美味しいと感じる日本食」という質問では「ラーメン」(76.8%)がトップ。以下、「寿司・刺身」(73.2%)、「天ぷら」(67%)、「お好み焼き」(60.7%)、「カレーライス」(56.3%)と続いた。逆に「嫌いな日本食」を尋ねると、「納豆」や「漬物」などの発酵食品をはじめ、「寿司・刺身」や「生卵」といった生食文化に抵抗を感じている状況がうかがえる。

 「日本で食べて美味しいと感じた野菜」は、「新鮮だから」「日本独特の味がするから」「色合いがキレイだから」という理由からトップになったのは「サツマイモ」。2位は「新鮮だから」「甘いから」「みずみずしいから」という理由で「トマト」、3位は「栄養が豊富だから」「新鮮だから」「安全だから」という理由から「カボチャ」が挙がった。

 同調査で好評だった料理や食材は、海外からやってくる外国人をもてなす際に提供することはもちろん、海外へ積極的に売り込んむアウトバウンドの商材としても注目したい。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  3. 羽田空港跡地第2ゾーン、五輪までに宿泊施設開業へ!

    羽田空港跡地第2ゾーン、五輪までに宿泊施設開業へ!

  4. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  6. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  7. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  8. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】ガールズコレクションで大人気の豆腐!…相模屋食料(1)

  10. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top