海外へ売り込める日本の料理や食材は? 画像 海外へ売り込める日本の料理や食材は?

インバウンド・地域活性

 タキイ種苗は、日本在住の外国人を対象に「日本の食文化に関する意識調査」を実施。その結果、1週間で計21回の食事のうち、日本食を食べる回数が平均10.9回と約半数にのぼることがわかった。

 そこで「日本食の素晴らしいところ」を尋ねると、1位は「食材が新鮮」(77.7%)、2位は「盛り付けが美しい」(63.4%)、3位は「カロリーが低くてヘルシー」と「栄養バランスに優れ、健康的」(ともに58%)となった。

 「自分の国の人におすすめ出来る、美味しいと感じる日本食」という質問では「ラーメン」(76.8%)がトップ。以下、「寿司・刺身」(73.2%)、「天ぷら」(67%)、「お好み焼き」(60.7%)、「カレーライス」(56.3%)と続いた。逆に「嫌いな日本食」を尋ねると、「納豆」や「漬物」などの発酵食品をはじめ、「寿司・刺身」や「生卵」といった生食文化に抵抗を感じている状況がうかがえる。

 「日本で食べて美味しいと感じた野菜」は、「新鮮だから」「日本独特の味がするから」「色合いがキレイだから」という理由からトップになったのは「サツマイモ」。2位は「新鮮だから」「甘いから」「みずみずしいから」という理由で「トマト」、3位は「栄養が豊富だから」「新鮮だから」「安全だから」という理由から「カボチャ」が挙がった。

 同調査で好評だった料理や食材は、海外からやってくる外国人をもてなす際に提供することはもちろん、海外へ積極的に売り込んむアウトバウンドの商材としても注目したい。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  4. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  5. 富裕層インバウンドの法則その5

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  10. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top