海外へ売り込める日本の料理や食材は? 画像 海外へ売り込める日本の料理や食材は?

インバウンド・地域活性

 タキイ種苗は、日本在住の外国人を対象に「日本の食文化に関する意識調査」を実施。その結果、1週間で計21回の食事のうち、日本食を食べる回数が平均10.9回と約半数にのぼることがわかった。

 そこで「日本食の素晴らしいところ」を尋ねると、1位は「食材が新鮮」(77.7%)、2位は「盛り付けが美しい」(63.4%)、3位は「カロリーが低くてヘルシー」と「栄養バランスに優れ、健康的」(ともに58%)となった。

 「自分の国の人におすすめ出来る、美味しいと感じる日本食」という質問では「ラーメン」(76.8%)がトップ。以下、「寿司・刺身」(73.2%)、「天ぷら」(67%)、「お好み焼き」(60.7%)、「カレーライス」(56.3%)と続いた。逆に「嫌いな日本食」を尋ねると、「納豆」や「漬物」などの発酵食品をはじめ、「寿司・刺身」や「生卵」といった生食文化に抵抗を感じている状況がうかがえる。

 「日本で食べて美味しいと感じた野菜」は、「新鮮だから」「日本独特の味がするから」「色合いがキレイだから」という理由からトップになったのは「サツマイモ」。2位は「新鮮だから」「甘いから」「みずみずしいから」という理由で「トマト」、3位は「栄養が豊富だから」「新鮮だから」「安全だから」という理由から「カボチャ」が挙がった。

 同調査で好評だった料理や食材は、海外からやってくる外国人をもてなす際に提供することはもちろん、海外へ積極的に売り込んむアウトバウンドの商材としても注目したい。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  5. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  6. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

  7. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  8. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  10. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

アクセスランキングをもっと見る

page top