セイコーインスツルの車載用ウォッチドッグタイマーーウィンドウモードで早すぎも検知 画像 セイコーインスツルの車載用ウォッチドッグタイマーーウィンドウモードで早すぎも検知

IT業務効率

セイコーインスツル(SII)は、車載用リセット機能付きウォッチドッグタイマ「S-19400/19401シリーズ」を発売する。

ウォッチドッグタイマは、マイコンからの定期的なパルス信号のエッジ入力を監視することで、マイコンが正常動作しているか判断する。通常のタイムアウトモードは、エッジ入力が規定の期間よりも長い時間経過した場合(遅すぎ)に異常と判断。一方、ウィンドウモードは、規定の期間よりも長い場合のほか、短い場合(早すぎ)でも異常を検出でき、より安全性を高めることができる。

S-19400シリーズは、通常のタイムアウトモードに加え、ウィンドウモードも選択可能。高精度な異常検出が要求される車載マイコン監視に最適なウォッチドッグタイマとなっている。

また、S-19401シリーズは、リセット出力端子付きで、ウィンドウモード固定の製品。リセット出力を分離して出力できるため、電源電圧の低下のみの監視も可能になる。

車載用ウォッチドッグタイマ、セイコーインスツルが発売…ウィンドウモードも

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  2. 高砂熱学工業、現場関係者にアップルウォッチ導入/情報共有で業務効率化、健康管理も

    高砂熱学工業、現場関係者にアップルウォッチ導入/情報共有で業務効率化、健康管理も

  3. 大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

    大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

  4. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  5. 国交省がICT土工の初弾スタート!人材育成にも注力!

  6. シャープの食材宅配サービス「ヘルシオデリ」/AIoTで有名シェフの料理も自動調理

  7. 実際儲かる?…米国Uberドライバーの生の声《前編》

  8. 野菜農家のクラウドファンディング術

  9. 首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

  10. 【水産流通革命:1】多品種少量ニーズにITで応える

アクセスランキングをもっと見る

page top