セイコーインスツルの車載用ウォッチドッグタイマーーウィンドウモードで早すぎも検知 画像 セイコーインスツルの車載用ウォッチドッグタイマーーウィンドウモードで早すぎも検知

IT業務効率

セイコーインスツル(SII)は、車載用リセット機能付きウォッチドッグタイマ「S-19400/19401シリーズ」を発売する。

ウォッチドッグタイマは、マイコンからの定期的なパルス信号のエッジ入力を監視することで、マイコンが正常動作しているか判断する。通常のタイムアウトモードは、エッジ入力が規定の期間よりも長い時間経過した場合(遅すぎ)に異常と判断。一方、ウィンドウモードは、規定の期間よりも長い場合のほか、短い場合(早すぎ)でも異常を検出でき、より安全性を高めることができる。

S-19400シリーズは、通常のタイムアウトモードに加え、ウィンドウモードも選択可能。高精度な異常検出が要求される車載マイコン監視に最適なウォッチドッグタイマとなっている。

また、S-19401シリーズは、リセット出力端子付きで、ウィンドウモード固定の製品。リセット出力を分離して出力できるため、電源電圧の低下のみの監視も可能になる。

車載用ウォッチドッグタイマ、セイコーインスツルが発売…ウィンドウモードも

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

    売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  2. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  3. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

    ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  4. 【3Dプリンターと製造業:2】試作を超えた中小の活用術

  5. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:後編

  6. 国産OSの灯は消えない――TOPPERSプロジェクト

  7. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  8. 3Dプリンターが物流を変える!?

  9. 野菜農家のクラウドファンディング術

  10. 外食業界、“国産路線”が絶好調!安全性、季節感が受ける

アクセスランキングをもっと見る

page top