「ウチはこうしてB787の機体部品加工を受注した」――経産省が航空機産業での支援事例集を公開 画像 「ウチはこうしてB787の機体部品加工を受注した」――経産省が航空機産業での支援事例集を公開

インバウンド・地域活性

 経済産業省は11日、金融機関からの支援によって航空機産業分野での課題解決・発展を成し遂げた中小企業や、金融機関の支援をまとめた「金融機関による中小企業支援事例集」を公開した。

 例えば、同事例集で紹介されている石金精機(富山県富山市)は、もともとは工作機械部品加工を事業の中心としてきたが、いわゆるリーマンショックをきっかけに航空機産業に参入。機体部品や装備品の部品加工の受注に成功した。

 その後、航空機部品加工の受注量の増加を追い風に、新たな設備投資と新工場の建設を決断。商工中金のグローバルニッチトップ支援貸付制度により増強した。その結果、米ボーイングの最新鋭ジェット機787-9の機体部品加工を川崎重工業から受注するに至ったが、この事例でポイントとなるのは、受注量が未知数のなか、10年一括返済という仕組みで安定的な長期事業計画を立てられたことが大きかったようだ。

 日本航空機開発協会によると、世界の航空機需要は旅客、貨物ともに年平均5%程度増加し、20年後には2.5倍以上に拡大すると予測されている。ものづくり企業にとって航空機産業は成長分野として期待されるだけに、金融機関からの強力な支援を活用した今回の事例集は大いに役立つ。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  9. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  10. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

アクセスランキングをもっと見る

page top