クリエイターと新商品開発!「ものづくりコラボ」参加企業募集 画像 クリエイターと新商品開発!「ものづくりコラボ」参加企業募集

インバウンド・地域活性

 すみだ地域ブランド戦略推進協議会は11日、2015(平成27)年度「ものづくりコラボレーション」参加企業の募集を開始した。応募締切は6月12日。

 墨田区では、地域のブランド力を高め、区内産業を活性化させるための取り組みとして「すみだ地域ブランド戦略」を展開している。「ものづくりコラボレーション」はその一環で、デザイナーやクリエイターなどをコラボレーターとして招き、参加企業とチームを組むことで新商品を開発しようというもの。過去には大関鞄工房による「first bag」や笠原スプリング製作所による「PICK TREES」、久米繊維工業による「snoodist!」などが開発された。

 コラボレーターは、各種商品企画を手がけるスタイルY2インターナショナルの有井ゆま・ユカ姉妹、セメントプロデュースデザイン代表の金谷勉、アッシュコンセプト代表の名児耶秀美の3組。20日の18:30~21:00に墨田区役所1階リバーサイドホール会議室で説明会を開催し、3組のコラボレーターがプレゼンテーションを行う。また、台湾人デザイナーとの連携事業に関する説明も予定している。

 クオリティの高い技術や設備を持っていても、それをビジネスにいかしきれていないというものづくり企業にとっては、新たなビジネスをきりひらくチャンスになりそうだ。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

    エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

  2. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  3. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  4. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  5. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  6. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  7. 造幣局東京支局跡地開発、文化交流施設整備事業者を公募

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top