クリエイターと新商品開発!「ものづくりコラボ」参加企業募集 画像 クリエイターと新商品開発!「ものづくりコラボ」参加企業募集

インバウンド・地域活性

 すみだ地域ブランド戦略推進協議会は11日、2015(平成27)年度「ものづくりコラボレーション」参加企業の募集を開始した。応募締切は6月12日。

 墨田区では、地域のブランド力を高め、区内産業を活性化させるための取り組みとして「すみだ地域ブランド戦略」を展開している。「ものづくりコラボレーション」はその一環で、デザイナーやクリエイターなどをコラボレーターとして招き、参加企業とチームを組むことで新商品を開発しようというもの。過去には大関鞄工房による「first bag」や笠原スプリング製作所による「PICK TREES」、久米繊維工業による「snoodist!」などが開発された。

 コラボレーターは、各種商品企画を手がけるスタイルY2インターナショナルの有井ゆま・ユカ姉妹、セメントプロデュースデザイン代表の金谷勉、アッシュコンセプト代表の名児耶秀美の3組。20日の18:30~21:00に墨田区役所1階リバーサイドホール会議室で説明会を開催し、3組のコラボレーターがプレゼンテーションを行う。また、台湾人デザイナーとの連携事業に関する説明も予定している。

 クオリティの高い技術や設備を持っていても、それをビジネスにいかしきれていないというものづくり企業にとっては、新たなビジネスをきりひらくチャンスになりそうだ。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  4. 富裕層インバウンドの法則その3

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

  7. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  10. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top