普及の兆し?スマホに電子サイン、佐川急便が導入 画像 普及の兆し?スマホに電子サイン、佐川急便が導入

IT業務効率

 佐川急便は8日、スマートフォンを利用した「電子サイン」を開始したことを公表した。すでに4月より、一部エリアでの対応を開始しているという。

 通常、宅配便の受け取りには、伝票への押印もしくはサインが必要となるが、「電子サイン」では、専用タッチペンでスマホ画面へのサインが可能となっている。

 宅配便の配送について、送り主は、受領印情報で配送完了を確認できるが、これまでは配達日翌日以降のデータ提供となっていた。「電子サイン」では、最短5分で確認できるという。また受け取り側も、これまでは複数荷物にそれぞれサインが必要だったが、「電子サイン」では、一括での受領が可能になる。

 さらに今後は、ドライバーがスマートフォンを携行することで、新商品や新サービスをその場で提案するといった使い方も想定しているとのこと。佐川急便では、2017年度までに全国の配達員5万人にスマホを配備する方針だ。

佐川急便、スマホにサインで荷物を受領できる「電子サイン」開始

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  2. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  3. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:2

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:2

  4. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  5. カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

  6. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  7. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  8. 指先ひとつで支払い完了…ハウステンボスで指紋認証決算スタート

  9. ~スマート林業:3~電力自由化!間伐材で作る再生エネ

  10. 三代目社長のHANJO記:第1話――町工場再生と航空宇宙への道

アクセスランキングをもっと見る

page top