普及の兆し?スマホに電子サイン、佐川急便が導入 画像 普及の兆し?スマホに電子サイン、佐川急便が導入

IT業務効率

 佐川急便は8日、スマートフォンを利用した「電子サイン」を開始したことを公表した。すでに4月より、一部エリアでの対応を開始しているという。

 通常、宅配便の受け取りには、伝票への押印もしくはサインが必要となるが、「電子サイン」では、専用タッチペンでスマホ画面へのサインが可能となっている。

 宅配便の配送について、送り主は、受領印情報で配送完了を確認できるが、これまでは配達日翌日以降のデータ提供となっていた。「電子サイン」では、最短5分で確認できるという。また受け取り側も、これまでは複数荷物にそれぞれサインが必要だったが、「電子サイン」では、一括での受領が可能になる。

 さらに今後は、ドライバーがスマートフォンを携行することで、新商品や新サービスをその場で提案するといった使い方も想定しているとのこと。佐川急便では、2017年度までに全国の配達員5万人にスマホを配備する方針だ。

佐川急便、スマホにサインで荷物を受領できる「電子サイン」開始

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

    【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

  2. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  3. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

    ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  4. リオ五輪出場のタイ人女子プロゴルファー、飛距離の秘密は日本製!

  5. サービス業のIT利用最前線!5 NECが進化させる“おもてなし”プロダクト体験

  6. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  7. 屋内外シームレスなナビゲーションサービス…成田空港や東京駅で実証実験へ

  8. 【VRと中小企業:1】VRスマホが転機、実用進む3業種とは?

  9. IoTで建機CO2排出量をモニタリング……東急建設の実証実験

  10. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

アクセスランキングをもっと見る

page top