普及の兆し?スマホに電子サイン、佐川急便が導入 画像 普及の兆し?スマホに電子サイン、佐川急便が導入

IT業務効率

 佐川急便は8日、スマートフォンを利用した「電子サイン」を開始したことを公表した。すでに4月より、一部エリアでの対応を開始しているという。

 通常、宅配便の受け取りには、伝票への押印もしくはサインが必要となるが、「電子サイン」では、専用タッチペンでスマホ画面へのサインが可能となっている。

 宅配便の配送について、送り主は、受領印情報で配送完了を確認できるが、これまでは配達日翌日以降のデータ提供となっていた。「電子サイン」では、最短5分で確認できるという。また受け取り側も、これまでは複数荷物にそれぞれサインが必要だったが、「電子サイン」では、一括での受領が可能になる。

 さらに今後は、ドライバーがスマートフォンを携行することで、新商品や新サービスをその場で提案するといった使い方も想定しているとのこと。佐川急便では、2017年度までに全国の配達員5万人にスマホを配備する方針だ。

佐川急便、スマホにサインで荷物を受領できる「電子サイン」開始

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(前編)/ABC

    「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(前編)/ABC

  2. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  3. 東京駅でロボット案内の実証実験、日本語・英語・中国語で対応

    東京駅でロボット案内の実証実験、日本語・英語・中国語で対応

  4. 外食業界、“国産路線”が絶好調!安全性、季節感が受ける

  5. NIPPOがホイールローダー自動停止システム開発、ステレオカメラで障害物に対応

  6. 時事エッセイ/ドラクエ30周年で思うAIの未来

  7. IoT活用で迷い猫探しができる「ねこもに」が6月からサービスイン

  8. 教育ICT市場、2020年には2,403億円規模……富士キメラ総研

  9. サービス業のIT利用最前線!5 NECが進化させる“おもてなし”プロダクト体験

  10. 静岡県がドローンで庁舎外壁調査、期間短縮とコスト削減

アクセスランキングをもっと見る

page top