普及の兆し?スマホに電子サイン、佐川急便が導入 画像 普及の兆し?スマホに電子サイン、佐川急便が導入

IT業務効率

 佐川急便は8日、スマートフォンを利用した「電子サイン」を開始したことを公表した。すでに4月より、一部エリアでの対応を開始しているという。

 通常、宅配便の受け取りには、伝票への押印もしくはサインが必要となるが、「電子サイン」では、専用タッチペンでスマホ画面へのサインが可能となっている。

 宅配便の配送について、送り主は、受領印情報で配送完了を確認できるが、これまでは配達日翌日以降のデータ提供となっていた。「電子サイン」では、最短5分で確認できるという。また受け取り側も、これまでは複数荷物にそれぞれサインが必要だったが、「電子サイン」では、一括での受領が可能になる。

 さらに今後は、ドライバーがスマートフォンを携行することで、新商品や新サービスをその場で提案するといった使い方も想定しているとのこと。佐川急便では、2017年度までに全国の配達員5万人にスマホを配備する方針だ。

佐川急便、スマホにサインで荷物を受領できる「電子サイン」開始

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 今秋から川崎市で「橋梁点検ロボット」の動作実験がスタート

    今秋から川崎市で「橋梁点検ロボット」の動作実験がスタート

  2. 【ビジネスEXPO】スマホ・クラウド活用でローコストバス運行情報システム

    【ビジネスEXPO】スマホ・クラウド活用でローコストバス運行情報システム

  3. いまどきの工事現場ーーi-Con対応のブルドーザー作業!

    いまどきの工事現場ーーi-Con対応のブルドーザー作業!

  4. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  5. 【動画PRの成功術:2】月30台もピアノが売れる動画とは?

  6. 見守りロボットシステムに生体モニターがプラス。高齢者施設の安全強化!

  7. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(整備・点検編)

  8. 戸田建設が山岳トンネル向け突起レスロックボルト開発、覆工コンクリのひび割れ抑制

  9. 電気設備各社、ロボ開発などで省力化施工へ取り組み強化

  10. 動くのは人ではなく「棚」のほう!MonotaROが無人搬送車で物流改革

アクセスランキングをもっと見る

page top