普及の兆し?スマホに電子サイン、佐川急便が導入 画像 普及の兆し?スマホに電子サイン、佐川急便が導入

IT業務効率

 佐川急便は8日、スマートフォンを利用した「電子サイン」を開始したことを公表した。すでに4月より、一部エリアでの対応を開始しているという。

 通常、宅配便の受け取りには、伝票への押印もしくはサインが必要となるが、「電子サイン」では、専用タッチペンでスマホ画面へのサインが可能となっている。

 宅配便の配送について、送り主は、受領印情報で配送完了を確認できるが、これまでは配達日翌日以降のデータ提供となっていた。「電子サイン」では、最短5分で確認できるという。また受け取り側も、これまでは複数荷物にそれぞれサインが必要だったが、「電子サイン」では、一括での受領が可能になる。

 さらに今後は、ドライバーがスマートフォンを携行することで、新商品や新サービスをその場で提案するといった使い方も想定しているとのこと。佐川急便では、2017年度までに全国の配達員5万人にスマホを配備する方針だ。

佐川急便、スマホにサインで荷物を受領できる「電子サイン」開始

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~動画PRの成功術:2~月30台もピアノが売れる動画とは?

    ~動画PRの成功術:2~月30台もピアノが売れる動画とは?

  2. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  3. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

    大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

  4. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  5. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  6. ネットとデジカメが変えた学校行事の写真販売――売上3倍

  7. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  8. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  9. 長谷工コーポら、BIMデータを直接3DCG化/マンション販売ツールに活用

  10. 建設現場で広がるウェアラブル端末

アクセスランキングをもっと見る

page top