豊田自動織機と日東工業、PHV/EV対応のハイブリッド充電設備開発 画像 豊田自動織機と日東工業、PHV/EV対応のハイブリッド充電設備開発

IT業務効率

豊田自動織機は5月11日、プラグインハイブリッド自動車(PHV)および電気自動車(EV)用の新型充電スタンドを日東工業と共同開発、2015年秋に発売すると発表した。

新型充電スタンドは、通信機能やICカードによる利用者認証、課金、充電などの機能を搭載した親機と、充電機能に特化することで低価格と小型化を実現した子機の2機種をラインアップする。

親機は大型ディスプレイを採用し、感覚的な操作ができるタッチパネルインターフェースとし、さらに子機の制御機能を新たに追加した。現行モデルで複数台導入の場合は1台ずつ独立して充電・通信等を行っていたが、新型モデルでは親機1台で低価格な子機を10台まで制御可能。導入コストと通信費等の運用コストの低減を実現する。

また、独自開発のスマート充電システムを親機に搭載。車両ごとに入力電流を制御し、充電設備の契約電力量にあわせてピーク電力を制限する。複数台のPHV・EVを同時充電する公共施設、商業施設や時間貸し駐車場などの運用コスト低減に貢献する。

豊田自動織機、新型充電スタンドを共同開発…複数台設置時のコスト低減

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産!

    【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産!

  2. NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

    NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

  3. 大林組がSCIMを初導入、パナソニックらのスマートシティー計画に

    大林組がSCIMを初導入、パナソニックらのスマートシティー計画に

  4. 3Dプリンターが物流を変える!?

  5. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  6. 立って乗るトランスポーター、セグウェイよりも安定感が

  7. 農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

  8. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  9. 堀江貴文、IoT時代の経営語る!「色んなものを捨てなきゃ」

  10. 【HJ HJ EYE:4】中小企業の未来を変えるフィンテック

アクセスランキングをもっと見る

page top