豊田自動織機と日東工業、PHV/EV対応のハイブリッド充電設備開発 画像 豊田自動織機と日東工業、PHV/EV対応のハイブリッド充電設備開発

IT業務効率

豊田自動織機は5月11日、プラグインハイブリッド自動車(PHV)および電気自動車(EV)用の新型充電スタンドを日東工業と共同開発、2015年秋に発売すると発表した。

新型充電スタンドは、通信機能やICカードによる利用者認証、課金、充電などの機能を搭載した親機と、充電機能に特化することで低価格と小型化を実現した子機の2機種をラインアップする。

親機は大型ディスプレイを採用し、感覚的な操作ができるタッチパネルインターフェースとし、さらに子機の制御機能を新たに追加した。現行モデルで複数台導入の場合は1台ずつ独立して充電・通信等を行っていたが、新型モデルでは親機1台で低価格な子機を10台まで制御可能。導入コストと通信費等の運用コストの低減を実現する。

また、独自開発のスマート充電システムを親機に搭載。車両ごとに入力電流を制御し、充電設備の契約電力量にあわせてピーク電力を制限する。複数台のPHV・EVを同時充電する公共施設、商業施設や時間貸し駐車場などの運用コスト低減に貢献する。

豊田自動織機、新型充電スタンドを共同開発…複数台設置時のコスト低減

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  3. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  4. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  5. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  6. HANJO HANJO、新サービス「Staple Pulse」を開始

  7. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  8. 【ITで強い商店街を作る:3】今どきの商店街のO2O戦略

  9. 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

  10. 【ICTが変える高齢化社会:1】広がる医療・介護の市場

アクセスランキングをもっと見る

page top