深谷市、ふるさと納税のお礼品をネット投票で決める、全国初の取り組み 画像 深谷市、ふるさと納税のお礼品をネット投票で決める、全国初の取り組み

インバウンド・地域活性

 各自治体が独自色の打ち出しに取り組む「ふるさと納税」のお礼品。そんななかで、ふるさと納税喚起と地元名産品のPRを組み合わせる取り組みを埼玉県深谷市が始めた。

 深谷市がスタートしたのは「『奥の深(谷)道』アワード2015春」と題したネット企画。トラストバンクが運営する、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」上で、深谷市にふるさと納税した際のお礼品候補を公開し、インターネット投票によって決定するという企画だ。寄付金の額ごとに候補の品が用意されており、地元産の米や地酒、埼玉武州和牛など全81品のなかから最終的に35品が採用される。

 同サイトの会員は無制限、非会員は5品まで投票が可能で、納税しない人も巻き込んで市のPRを狙う。ネット投票を組み込んだこうした取り組みは全国で初となる。

 投票受付は5月31日まで。6月上旬に結果発表を行い、選ばれたお礼品は7月1日より送付開始される。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

    上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  6. 徳島県藍住町の文化ホール再生、福祉や保険も含めた複合施設に

  7. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

アクセスランキングをもっと見る

page top