深谷市、ふるさと納税のお礼品をネット投票で決める、全国初の取り組み 画像 深谷市、ふるさと納税のお礼品をネット投票で決める、全国初の取り組み

インバウンド・地域活性

 各自治体が独自色の打ち出しに取り組む「ふるさと納税」のお礼品。そんななかで、ふるさと納税喚起と地元名産品のPRを組み合わせる取り組みを埼玉県深谷市が始めた。

 深谷市がスタートしたのは「『奥の深(谷)道』アワード2015春」と題したネット企画。トラストバンクが運営する、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」上で、深谷市にふるさと納税した際のお礼品候補を公開し、インターネット投票によって決定するという企画だ。寄付金の額ごとに候補の品が用意されており、地元産の米や地酒、埼玉武州和牛など全81品のなかから最終的に35品が採用される。

 同サイトの会員は無制限、非会員は5品まで投票が可能で、納税しない人も巻き込んで市のPRを狙う。ネット投票を組み込んだこうした取り組みは全国で初となる。

 投票受付は5月31日まで。6月上旬に結果発表を行い、選ばれたお礼品は7月1日より送付開始される。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  5. 富裕層インバウンドの法則その4

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

アクセスランキングをもっと見る

page top