シャープが資本金1億円の中小企業になる?――9日各紙報道にシャープは「当社発表ではない」 画像 シャープが資本金1億円の中小企業になる?――9日各紙報道にシャープは「当社発表ではない」

マネジメント

 9日、毎日新聞、産経新聞ら各紙が、シャープは、およそ1200億円ある資本金を1億円に減額し余剰金を累積赤字解消に充てると報じている。

 報道では、また資本金が1億円になることで法人税法上の優遇措置や外形標準課税の免除などが期待でき、株主への復配が可能になるとしている。なお、これらの措置は破たん処理とは異なるため、既存株主の持分は維持され、財務体質が改善し、配当が復活すれば株主にもメリットはある。ただし、その過程で新たな増資等があれば、既存株主にとっては目減りすることも考えられる。

 シャープは、14日に発表されるシャープの平成27年3月期決算において、2000億円程度の最終赤字を計上すると予想され、平成24年、25年の赤字決算に加え累積赤字がふくらみ余剰金の目減りがさらに進むと見られている。

 今後シャープは、14日に平成27年3月期の決算発表および中期経営計画の発表を予定している。本件については、この席で詳細が発表される可能性があり、6月の株主総会では、主力銀行の債務の優先株化と減資を提案し議決する必要がある。

 なお、新聞報道について9日午後、シャープ本社の広報に問い合わせたところ、「当社が発表したものではないのでコメントできない。」との回答だった。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

    「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

  2. 国交省、地方管理空港向け舗装維持管理手引作成、点検頻度設定や修繕施工手順解説

    国交省、地方管理空港向け舗装維持管理手引作成、点検頻度設定や修繕施工手順解説

  3. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  4. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  5. 西日暮里駅前再開発、基本計画検討業務を公募

  6. 無料POSレジアプリ「Airレジ」がクレカ対応

  7. ユニクロ導入報道で注目の週休3日制度、先行企業はどう活用? セミナーも開催

  8. レクサス・マレーシア、2.0ターボ搭載の「IS200t」を発表

  9. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  10. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

アクセスランキングをもっと見る

page top