パートタイムの平均時給、製造業、飲食などが前年同月比で連続上昇 画像 パートタイムの平均時給、製造業、飲食などが前年同月比で連続上昇

人材

 人材情報サービスのアイデムが2015年2月のパートタイマー募集時の時給を集計、平均時給を発表した。

 この調査はアイデムが新聞折り込み用に発行している「しごと情報アイデム」に掲載された募集データの深夜帯を除く時給を分析したもの。これによると、全業種平均では西日本は978円(前年同月比2円増)、西日本は928円(前年同月比4円増)となった。

 業種別で見ると、「専門・技術職」を除く全対象業種で前年同月を上回る結果となっており、特に「運輸・通信・保安職」は上昇幅が大きく、西日本エリアでは前年同月比で60円アップの944円となっている。

 また、東日本エリアでは「フード・サービス職」の時給が継続的に上昇しており、894円(前年同月比13円増)前年同月比で19か月連続のアップ。「製造・建設・労務職」も927円(前年同月比10円増)と上昇傾向で、特に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の関東4都県に絞ると前年同月比35か月連続の上昇となる。

 対照的に大きく平均時給が下落しているのが「専門・技術職」で、東日本で1210円(前年同月比46円減)、西日本で1201円(前年同月比49円減)となっている。専門性が高い分水準自体は高いが、時給の推移はやや下落傾向にある。

 物価に左右される部分はあるものの、全体としては専門的な人材以上に労働力となる人員数が不足傾向している傾向といえそうだ。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 国交省の毛利信二事務次官が就任会見/働き方改革、担い手の確保や生産性向上を

    国交省の毛利信二事務次官が就任会見/働き方改革、担い手の確保や生産性向上を

  2. 厚労省、国交省、日建連ら/働き方改革協議会が初会合/官民一体で長時間労働是正へ

    厚労省、国交省、日建連ら/働き方改革協議会が初会合/官民一体で長時間労働是正へ

  3. 建設各社で入社式~活況の中、新入社員に期待

    建設各社で入社式~活況の中、新入社員に期待

  4. 鉄道運輸機構理事長に北村隆志氏、10月1日就任

  5. 東急建設のダイバーシティー、20年までに女性総合職の採用比率を2倍以上へ

  6. 時事エッセイ/求職者数減少に建設業界はもっと目を

  7. ゼネコン各社、技術系社員教育を強化。体験型研修施設を整備、海外人材も育成

  8. 東急建設が人気ダンスユニットとコラボ、建設業のPR動画を制作!

  9. 日建連が長時間労働是正へ支援要請。国交相と意見交換、週休2日に理解促進を

  10. 神奈川建協、高校生招き工事現場見学会開く/肌で感じる建設業の魅力

アクセスランキングをもっと見る

page top