世界経済フォーラムが旅行・観光競争力指数を発表――日本は過去最高9位 画像 世界経済フォーラムが旅行・観光競争力指数を発表――日本は過去最高9位

インバウンド・地域活性

 6日、世界経済フォーラムが2015年の「旅行・観光競争力レポート」を公開した。この中で、日本は過去最高の9位にランクインし、東アジアオセアニア地域でも2位(1位はオーストラリア)を獲得している。とくに文化、接客、交通インフラなどの指標でポイントを獲得し、「おもてなし」日本が評価された形だ。

 同レポートは、世界141か国について、独自の調査をもとに「旅行・観光競争力指数」(TTCI)を算出し総合順位をつけている。2015年版同レポートのトップ10は以下のとおり(カッコ内はTTCI)。

1位:スペイン(5.31)
2位:フランス(5.24)
3位:ドイツ(5.22)
4位:アメリカ合衆国(5.12)
5位:イギリス(5.12)
6位:スイス(4.99)
7位:オーストラリア(4.98)
8位:イタリア(4.98)
9位:日本(4.94)
10位:カナダ(4.92)

 同レポートでは、日本の順位について、豊富な文化(総合6位:以下同)と独自の文化遺産(2位)、効率のよい陸上交通(17位)と航空輸送(19位)のインフラ、そしてWi-Fiなどの通信環境(9位)などのポイントを挙げている。さらに、観光に関する人材(15位)と接客については141か国総合で1位を獲得していることを強調している。

 反面、宿泊費など価格競争力(119位)をマイナスポイントとして指摘している。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

    徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

  4. ~着地型観光:2~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(後編)

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

  7. 「キャベツサイダー」登場! 捨てるなんてもったいない、外葉や芯からエキスを抽出

  8. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  9. 「フォーシーズンズホテル京都」がオープン、4年以内に沖縄も!

  10. 清水建設、特定天井対応の耐震天井構工法開発、躯体と天井ボードを直結

アクセスランキングをもっと見る

page top