世界経済フォーラムが旅行・観光競争力指数を発表――日本は過去最高9位 画像 世界経済フォーラムが旅行・観光競争力指数を発表――日本は過去最高9位

インバウンド・地域活性

 6日、世界経済フォーラムが2015年の「旅行・観光競争力レポート」を公開した。この中で、日本は過去最高の9位にランクインし、東アジアオセアニア地域でも2位(1位はオーストラリア)を獲得している。とくに文化、接客、交通インフラなどの指標でポイントを獲得し、「おもてなし」日本が評価された形だ。

 同レポートは、世界141か国について、独自の調査をもとに「旅行・観光競争力指数」(TTCI)を算出し総合順位をつけている。2015年版同レポートのトップ10は以下のとおり(カッコ内はTTCI)。

1位:スペイン(5.31)
2位:フランス(5.24)
3位:ドイツ(5.22)
4位:アメリカ合衆国(5.12)
5位:イギリス(5.12)
6位:スイス(4.99)
7位:オーストラリア(4.98)
8位:イタリア(4.98)
9位:日本(4.94)
10位:カナダ(4.92)

 同レポートでは、日本の順位について、豊富な文化(総合6位:以下同)と独自の文化遺産(2位)、効率のよい陸上交通(17位)と航空輸送(19位)のインフラ、そしてWi-Fiなどの通信環境(9位)などのポイントを挙げている。さらに、観光に関する人材(15位)と接客については141か国総合で1位を獲得していることを強調している。

 反面、宿泊費など価格競争力(119位)をマイナスポイントとして指摘している。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  4. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 富裕層インバウンドの法則その4

  7. JR京葉線の海浜幕張~新習志野間に新駅。上下2階層の線路間ホーム

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  10. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

アクセスランキングをもっと見る

page top