世界経済フォーラムが旅行・観光競争力指数を発表――日本は過去最高9位 画像 世界経済フォーラムが旅行・観光競争力指数を発表――日本は過去最高9位

インバウンド・地域活性

 6日、世界経済フォーラムが2015年の「旅行・観光競争力レポート」を公開した。この中で、日本は過去最高の9位にランクインし、東アジアオセアニア地域でも2位(1位はオーストラリア)を獲得している。とくに文化、接客、交通インフラなどの指標でポイントを獲得し、「おもてなし」日本が評価された形だ。

 同レポートは、世界141か国について、独自の調査をもとに「旅行・観光競争力指数」(TTCI)を算出し総合順位をつけている。2015年版同レポートのトップ10は以下のとおり(カッコ内はTTCI)。

1位:スペイン(5.31)
2位:フランス(5.24)
3位:ドイツ(5.22)
4位:アメリカ合衆国(5.12)
5位:イギリス(5.12)
6位:スイス(4.99)
7位:オーストラリア(4.98)
8位:イタリア(4.98)
9位:日本(4.94)
10位:カナダ(4.92)

 同レポートでは、日本の順位について、豊富な文化(総合6位:以下同)と独自の文化遺産(2位)、効率のよい陸上交通(17位)と航空輸送(19位)のインフラ、そしてWi-Fiなどの通信環境(9位)などのポイントを挙げている。さらに、観光に関する人材(15位)と接客については141か国総合で1位を獲得していることを強調している。

 反面、宿泊費など価格競争力(119位)をマイナスポイントとして指摘している。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  5. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

  6. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  7. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  8. 「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

  9. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(2)

  10. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top