【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円 画像 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

マネジメント

 7日、アジア技研(北九州市小倉北区西港町72-39、資本金5556万円、溝口純一社長)は、福岡地裁小倉支部に民事再生法の適用を申請した。負債総額はおよそ8億円とみられている。

 アジア技研は溶接ロボットや工業用ファスナーの専門メーカーとして技術的評価の高い企業。2007年には経済産業省から「ものづくり日本大賞優秀賞」、2011年にはスタッド溶接ロボットで北九州のオンリーワン企業にも選ばれていた。営業拠点も東京、名古屋、岡山、大阪へと広げ、マグネシウム合金のスタッド溶接システムでは、米国および韓国でも特許を取得するなど海外展開も積極的に行っていた。

 事業拡大のためおよそ2億円を投じた新工場も稼働させたが、少量多品種ながら既存製品との価格競争もあり、思うような利益が出ず2012年ごろから業績が悪化し、資金繰りが厳しくなっていた。2012年の売上は4億4900万円とに落ち込み(前年度は4億9200万円)、約5600万円の赤字を計上した。

 これに対し、増資や中小企業再生支援協議会の支援を受けるなどの改善策を進めていたが、売上高は維持しつつも債務超過の状態が改善せず、今回の民事再生法の申請となった。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 八千代エンジニヤリング、5カ年計画で社員1割増、売上目標220億

    八千代エンジニヤリング、5カ年計画で社員1割増、売上目標220億

  2. 文化シヤッター社長に潮崎敏彦取締役兼専務執行役員、4月1日就任

    文化シヤッター社長に潮崎敏彦取締役兼専務執行役員、4月1日就任

  3. 「中小企業の《経営論》」第1回:背中を見せたがる社長とそうでない社長

    「中小企業の《経営論》」第1回:背中を見せたがる社長とそうでない社長

  4. 丸紅、ミャンマーの現地企業と建機レンタル会社設立へ

  5. コベルコ建機社長に神戸製鋼所代表取締役副社長・楢木一秀氏

  6. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

アクセスランキングをもっと見る

page top