【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円 画像 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

マネジメント

 7日、アジア技研(北九州市小倉北区西港町72-39、資本金5556万円、溝口純一社長)は、福岡地裁小倉支部に民事再生法の適用を申請した。負債総額はおよそ8億円とみられている。

 アジア技研は溶接ロボットや工業用ファスナーの専門メーカーとして技術的評価の高い企業。2007年には経済産業省から「ものづくり日本大賞優秀賞」、2011年にはスタッド溶接ロボットで北九州のオンリーワン企業にも選ばれていた。営業拠点も東京、名古屋、岡山、大阪へと広げ、マグネシウム合金のスタッド溶接システムでは、米国および韓国でも特許を取得するなど海外展開も積極的に行っていた。

 事業拡大のためおよそ2億円を投じた新工場も稼働させたが、少量多品種ながら既存製品との価格競争もあり、思うような利益が出ず2012年ごろから業績が悪化し、資金繰りが厳しくなっていた。2012年の売上は4億4900万円とに落ち込み(前年度は4億9200万円)、約5600万円の赤字を計上した。

 これに対し、増資や中小企業再生支援協議会の支援を受けるなどの改善策を進めていたが、売上高は維持しつつも債務超過の状態が改善せず、今回の民事再生法の申請となった。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

    伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

  2. サントリーが「働きたい国内企業」1位に選出!評価の理由は…

    サントリーが「働きたい国内企業」1位に選出!評価の理由は…

  3. パシコンがダイバーシティーを本格化! 身近な働き方改革へ

    パシコンがダイバーシティーを本格化! 身近な働き方改革へ

  4. リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

  5. 栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

  6. 日本電産・呉副社長が突然の辞任…次期社長レース混迷

  7. 中小の製造業・サービス業へのロボット導入補助、1次公募の採択決定!2次公募も開始

  8. 麻生セメント新社長に麻生巖取締役昇格、16年1月1日就任

  9. MRJ、17年春の納入開始後は? 三菱重工副社長が語る

  10. 最長7年間の防犯カメラ保守サービス、関東でスタート

アクセスランキングをもっと見る

page top