【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円 画像 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

マネジメント

 7日、アジア技研(北九州市小倉北区西港町72-39、資本金5556万円、溝口純一社長)は、福岡地裁小倉支部に民事再生法の適用を申請した。負債総額はおよそ8億円とみられている。

 アジア技研は溶接ロボットや工業用ファスナーの専門メーカーとして技術的評価の高い企業。2007年には経済産業省から「ものづくり日本大賞優秀賞」、2011年にはスタッド溶接ロボットで北九州のオンリーワン企業にも選ばれていた。営業拠点も東京、名古屋、岡山、大阪へと広げ、マグネシウム合金のスタッド溶接システムでは、米国および韓国でも特許を取得するなど海外展開も積極的に行っていた。

 事業拡大のためおよそ2億円を投じた新工場も稼働させたが、少量多品種ながら既存製品との価格競争もあり、思うような利益が出ず2012年ごろから業績が悪化し、資金繰りが厳しくなっていた。2012年の売上は4億4900万円とに落ち込み(前年度は4億9200万円)、約5600万円の赤字を計上した。

 これに対し、増資や中小企業再生支援協議会の支援を受けるなどの改善策を進めていたが、売上高は維持しつつも債務超過の状態が改善せず、今回の民事再生法の申請となった。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【解決! 社長の悩み相談センター】第17回:会社の登記手続きの方法は?

    【解決! 社長の悩み相談センター】第17回:会社の登記手続きの方法は?

  2. 超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

    超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

  3. 【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

    【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

  4. 上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

  5. 人材確保・育成の成功事例紹介…建設業振興基金がHPで

  6. 「凡百の議論より実践」を好んだ住友グループの顔、堀田庄三

  7. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  8. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  9. 企業の販促活動とコミュニティをマッチング、コスト1万円からのサンプリングを実現

  10. 相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

アクセスランキングをもっと見る

page top