滋賀県、金融機関などと連携で県内中小健康企業の資金調達を助成 画像 滋賀県、金融機関などと連携で県内中小健康企業の資金調達を助成

インバウンド・地域活性

 滋賀県が関係金融機関と滋賀県信用保証協会と協定を締結。連携強化により、県内の健康関連中小企業の資金調達支援を行う。

 滋賀県の取り組む「滋賀健康創生金融サポート推進事業」は、県内で疾病予防や健康づくりに関連する事業を行う中小企業の資金調達を助成する制度。滋賀県信用保証協会の「流動資産担保融資(ABL)保証」を利用して県指定の金融機関から資金調達を行う場合、県が2分1以内を上限に保証金の一部を負担する。金融面での支援により、県内の健康環境強化を促進する狙いだ。

 対象金融機関としては、みずほ銀行、りそな銀行、福井銀行、滋賀銀行や近隣信用金庫など14の金融機関が指定されている。

 協定の締結式は5月13日、滋賀県公館にて実施。取り組みの説明や滋賀県知事の挨拶などが行われる。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  5. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  7. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  8. 特産品のパッケージを一新して売上アップ!デザイン力で地域を活性化した事例集発売

  9. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  10. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top