滋賀県、金融機関などと連携で県内中小健康企業の資金調達を助成 画像 滋賀県、金融機関などと連携で県内中小健康企業の資金調達を助成

インバウンド・地域活性

 滋賀県が関係金融機関と滋賀県信用保証協会と協定を締結。連携強化により、県内の健康関連中小企業の資金調達支援を行う。

 滋賀県の取り組む「滋賀健康創生金融サポート推進事業」は、県内で疾病予防や健康づくりに関連する事業を行う中小企業の資金調達を助成する制度。滋賀県信用保証協会の「流動資産担保融資(ABL)保証」を利用して県指定の金融機関から資金調達を行う場合、県が2分1以内を上限に保証金の一部を負担する。金融面での支援により、県内の健康環境強化を促進する狙いだ。

 対象金融機関としては、みずほ銀行、りそな銀行、福井銀行、滋賀銀行や近隣信用金庫など14の金融機関が指定されている。

 協定の締結式は5月13日、滋賀県公館にて実施。取り組みの説明や滋賀県知事の挨拶などが行われる。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 那覇市内はゆいレールに乗り換える「パーク&モノライド」構想――延伸工事が進む

    那覇市内はゆいレールに乗り換える「パーク&モノライド」構想――延伸工事が進む

  2. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  3. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  4. 羽田空港跡地第1ゾーン開発、16年2月の都計審に付議

  5. 大阪国際空港ターミナル改修が起工、施工は大林組

  6. 羽田空港跡地第2ゾーン、五輪までに宿泊施設開業へ!

  7. 西広島駅西地区再開発、期待される広島市の西の玄関口

  8. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  9. 【那覇型ビジネス成功の理由:1】インバウンド交流型ホテル、集客の秘訣は?

  10. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

アクセスランキングをもっと見る

page top