滋賀県、金融機関などと連携で県内中小健康企業の資金調達を助成 画像 滋賀県、金融機関などと連携で県内中小健康企業の資金調達を助成

インバウンド・地域活性

 滋賀県が関係金融機関と滋賀県信用保証協会と協定を締結。連携強化により、県内の健康関連中小企業の資金調達支援を行う。

 滋賀県の取り組む「滋賀健康創生金融サポート推進事業」は、県内で疾病予防や健康づくりに関連する事業を行う中小企業の資金調達を助成する制度。滋賀県信用保証協会の「流動資産担保融資(ABL)保証」を利用して県指定の金融機関から資金調達を行う場合、県が2分1以内を上限に保証金の一部を負担する。金融面での支援により、県内の健康環境強化を促進する狙いだ。

 対象金融機関としては、みずほ銀行、りそな銀行、福井銀行、滋賀銀行や近隣信用金庫など14の金融機関が指定されている。

 協定の締結式は5月13日、滋賀県公館にて実施。取り組みの説明や滋賀県知事の挨拶などが行われる。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  4. 富裕層インバウンドの法則その4

  5. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. 八重洲二丁目中地区再開発、インターナショナルスクール誘致も

  10. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

アクセスランキングをもっと見る

page top