北陸新幹線の効果を検証する――GW利用客数の増減 画像 北陸新幹線の効果を検証する――GW利用客数の増減

インバウンド・地域活性

 JR西日本は5月7日、3月に開業した北陸新幹線:上越妙高~糸魚川のゴールデンウィーク期間(4月24日~5月6日)の利用者数について、39万人=対前年同期比311%だったと発表した。

 北陸新幹線の対前年同期比は、前年の在来線特急「はくたか・北越」(北陸線:糸魚川~直江津)との比較だ。

 ゴールデンウィーク全期間を通した北陸新幹線の利用者は上下合計で39万1000人=対前年同期比311%。下りが19万7000人=313%、上りが19万3000人=308%。

 ゴールデンウィーク前半(4月24~30日)は上下合計15万5000人=300%、下り8万人=297%、上り7万5000人=302%。後半(5月1~6日)は上下合計23万6000人=318%、下り11万8000人=325%、上り11万8000人=312%だった。

 JR東日本が5月7日に発表した、 北陸新幹線の既存区間(高崎~軽井沢)のゴールデンウィーク期間利用者は72万2000人で、対前年同期比206%だった。

 JR西日本の北陸新幹線以外では、山陽新幹線(新大阪~西明石)が179万6000人=109%、在来線(特急、主要区間合計)81万2000人=105%。新幹線・在来線(特急)の合計で300万人=118%。JR東日本では北陸新幹線の既存区間を含む主要区間合計で499万1000人=前年比108%だった。

 JR西日本・東日本とも対前年比が好調に推移する中、北陸新幹線の利用が突出して伸びている。いっぽうJR西日本の在来線特急「しらさぎ」(北陸線:米原~敦賀)は9万3000人=92%で減少、「サンダーバード」(湖西線:京都~敦賀)が24万6000人=106%で西日本の他の地域並みと、北陸新幹線人気は首都圏からの観光客入り込みによることがわかる。

北陸新幹線の利用者が3倍増、ただし……ゴールデンウィーク

《高木啓》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 名古屋市の久屋大通公園Park-PFI/テレビ塔を中心にシンボリックな景観軸

    名古屋市の久屋大通公園Park-PFI/テレビ塔を中心にシンボリックな景観軸

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 国のかたちを考える2018/JR東日本会長 清野智氏

    国のかたちを考える2018/JR東日本会長 清野智氏

  4. 鳥獣被害、都会へ発信…鹿の頭蓋骨をアート作品に

  5. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  6. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  7. サミットをチャンスに! 三重県・アンテナショップの挑戦

  8. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  9. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  10. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top