国内トラックメーカーがアフリカ市場に本腰――小排気量・環境性能で差別化 画像 国内トラックメーカーがアフリカ市場に本腰――小排気量・環境性能で差別化

海外進出

新興国用に開発した大型トラック投入
いすゞ自動車、日野自動車、三菱ふそうトラック・バス、UDトラックスと、日本の商用車大手は、グローバル競争が激化しているアフリカ市場における戦略に力を入れている。

各社とも、アフリカ市場を「東南アジアに次ぐ攻略市場」と位置づけており、UDトラックスは3月、南アフリカ、ジンバブエ、モザンビーク、ナミビアなどアフリカ南部8か国で、新興国用に開発した大型トラック「クエスター」を市場に投入した。

環境対策で日本製の需要増か
いすゞ自動車は2015年3月期、成長戦略関連費用250億円を積み増しし、アジアや中東、アフリカなどでアフターサービス拠点の拡充の費用に充てる方針だ。

三菱ふそうトラック・バスは、インドネシアにアジア・アフリカ向け戦略ブランド「FUSO」の大型と中型トラックを2014年に投入。日野自動車は、ケニアで小型の「300シリーズ」の組み立てと販売を始め、都市の小口貨物の輸送に対応した。

各社、アフリカ南部では鉱山向けとして馬力が大きい車を売ってきたが、その方針を転換。UDトラックスのクエスターは馬力が小さめで排気量を抑えており、農作物や建設資材などの輸送で利用を見込む。

米調査会社のIHSオートモーティブによると、アフリカのトラック市場は中国メーカーの低価格車が中心となっているが、今後、環境規制がアフリカでも強まる可能性があるため、環境対応に優れた日本製の需要増が見込まれている。

(画像はUDトラックスのプレスリリースより)

国内商用車大手メーカー、アジア・アフリカ市場戦略に本腰

《アフリカビジネスニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 日本の食を世界へ! パソナ農援隊がパリにプロモショップ開設

    日本の食を世界へ! パソナ農援隊がパリにプロモショップ開設

  2. 日本工営がシンガポールで水力発電事業

    日本工営がシンガポールで水力発電事業

  3. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  4. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  5. スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

  6. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  7. バンコクで「北海道フェア」いかめし阿部商店、札幌やおきゅう他が出展

  8. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  9. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  10. バンコク出店の「横井うどん」、香川出身の日本人も味にOK!

アクセスランキングをもっと見る

page top