川崎の郷土野菜「のらぼう菜」、栽培技術確立目指す……明大・川崎市・神奈川県が共同で研究 画像 川崎の郷土野菜「のらぼう菜」、栽培技術確立目指す……明大・川崎市・神奈川県が共同で研究

インバウンド・地域活性

 川崎市、神奈川県、明治大学が共同で神奈川県の郷土野菜「のらぼう菜」の研究を行うことを発表した。提携期間は2015年5月7日から2018年3月31日まで。

 のらぼう菜は西洋ナタネに属する関東の伝統的郷土野菜で、川崎市菅地区でも古くから栽培されてきた。病虫害が少ないことから、環境保全型農業に適した野菜として注目されている。

 今回の提携ではのらぼう菜の品質特性の解明、栽培技術の確立を目的としており、研究を通じて大学と地域の技術、知識、人材交流を図る狙い。明治大学農学部農学科野菜園芸学研究室、川崎市農業技術支援センター、神奈川県農業技術センターの3つが実施機関となって研究を進める。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 大阪「新世界・通天閣」エリアに星野リゾート! 新たなインバウンド視点!

    大阪「新世界・通天閣」エリアに星野リゾート! 新たなインバウンド視点!

  4. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  7. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  8. 大規模案件を直接受注、企業連合で大手に対抗する地方SE

  9. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  10. ブライダル市場で勝ち抜くキーワードは「なし婚」「少人数婚」「外国人」

アクセスランキングをもっと見る

page top