川崎の郷土野菜「のらぼう菜」、栽培技術確立目指す……明大・川崎市・神奈川県が共同で研究 画像 川崎の郷土野菜「のらぼう菜」、栽培技術確立目指す……明大・川崎市・神奈川県が共同で研究

インバウンド・地域活性

 川崎市、神奈川県、明治大学が共同で神奈川県の郷土野菜「のらぼう菜」の研究を行うことを発表した。提携期間は2015年5月7日から2018年3月31日まで。

 のらぼう菜は西洋ナタネに属する関東の伝統的郷土野菜で、川崎市菅地区でも古くから栽培されてきた。病虫害が少ないことから、環境保全型農業に適した野菜として注目されている。

 今回の提携ではのらぼう菜の品質特性の解明、栽培技術の確立を目的としており、研究を通じて大学と地域の技術、知識、人材交流を図る狙い。明治大学農学部農学科野菜園芸学研究室、川崎市農業技術支援センター、神奈川県農業技術センターの3つが実施機関となって研究を進める。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 盛岡市の簗川ダムで堤体コンクリ打設開始、品質確保を図る

    盛岡市の簗川ダムで堤体コンクリ打設開始、品質確保を図る

  2. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  3. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

    東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 歴史的な街並みを観光資源に。古民家再生にファンド

  6. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  7. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  8. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top