川崎の郷土野菜「のらぼう菜」、栽培技術確立目指す……明大・川崎市・神奈川県が共同で研究 画像 川崎の郷土野菜「のらぼう菜」、栽培技術確立目指す……明大・川崎市・神奈川県が共同で研究

インバウンド・地域活性

 川崎市、神奈川県、明治大学が共同で神奈川県の郷土野菜「のらぼう菜」の研究を行うことを発表した。提携期間は2015年5月7日から2018年3月31日まで。

 のらぼう菜は西洋ナタネに属する関東の伝統的郷土野菜で、川崎市菅地区でも古くから栽培されてきた。病虫害が少ないことから、環境保全型農業に適した野菜として注目されている。

 今回の提携ではのらぼう菜の品質特性の解明、栽培技術の確立を目的としており、研究を通じて大学と地域の技術、知識、人材交流を図る狙い。明治大学農学部農学科野菜園芸学研究室、川崎市農業技術支援センター、神奈川県農業技術センターの3つが実施機関となって研究を進める。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  2. ホントに牛肉? 「宮崎牛」25キロ使って描いた富士山模型が話題!

    ホントに牛肉? 「宮崎牛」25キロ使って描いた富士山模型が話題!

  3. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  4. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  8. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  9. 大阪万博誘致、テーマは「未来社会のデザイン」、建設費は1250億円

  10. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top