曙ブレーキ、生産設備の減損処理などで60億円の赤字 画像 曙ブレーキ、生産設備の減損処理などで60億円の赤字

マネジメント

曙ブレーキは5月7日、2015年3月期(2014年4月-2015年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は2541億5700万円(前期比+7.4%)、営業利益は40億0400万円(-50.5%)、経常利益は28億3300万円(-61.0%)、最終損益は60億9500万円の赤字(前期は24億2300万円の黒字)だった。

北米や中国市場での自動車生産台数増加や円安効果もあり売上高は増加。しかし、北米の想定を上回る市場の拡大に伴う増産への対応や、新規受注製品の立上げの時期が集中したことによる想定外のコスト発生が収益を圧迫。さらに、ブレーキ事業における余剰生産設備などの減損の計上により、3期ぶりの最終赤字となった。

今期の業績見通しについては、売上高2880億円(+13.3%)、営業利益65億円(+62.3%)、経常利益48億円(+69.5%)、純利益は15億円とした。

曙ブレーキ通期決算…最終赤字60億円、余剰生産設備の減損処理などが影響

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化――道路運送車両の保安基準改訂

    ディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化――道路運送車両の保安基準改訂

  2. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

    民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  3. 三菱電機、名古屋製作所に第二FA開発センターを建設

    三菱電機、名古屋製作所に第二FA開発センターを建設

  4. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  5. マルチセンサーでドローン侵入を検知……兼松エアロスペース

  6. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

  7. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  8. 【中小企業の『経営論』】第15回:中小企業による海外販路開拓(3)…代理店とは?

  9. 大成建設、土に帰る「のり面緑化用の枠材」を開発

  10. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top