曙ブレーキ、生産設備の減損処理などで60億円の赤字 画像 曙ブレーキ、生産設備の減損処理などで60億円の赤字

マネジメント

曙ブレーキは5月7日、2015年3月期(2014年4月-2015年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は2541億5700万円(前期比+7.4%)、営業利益は40億0400万円(-50.5%)、経常利益は28億3300万円(-61.0%)、最終損益は60億9500万円の赤字(前期は24億2300万円の黒字)だった。

北米や中国市場での自動車生産台数増加や円安効果もあり売上高は増加。しかし、北米の想定を上回る市場の拡大に伴う増産への対応や、新規受注製品の立上げの時期が集中したことによる想定外のコスト発生が収益を圧迫。さらに、ブレーキ事業における余剰生産設備などの減損の計上により、3期ぶりの最終赤字となった。

今期の業績見通しについては、売上高2880億円(+13.3%)、営業利益65億円(+62.3%)、経常利益48億円(+69.5%)、純利益は15億円とした。

曙ブレーキ通期決算…最終赤字60億円、余剰生産設備の減損処理などが影響

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 中小企業の「事業承継税制」利用急増のなぜ

    中小企業の「事業承継税制」利用急増のなぜ

  2. ASEAN大手外食企業との商談会……ジェトロが日本で開催、参加企業募集

    ASEAN大手外食企業との商談会……ジェトロが日本で開催、参加企業募集

  3. リクルートの社内事業開発スキームを外部へ展開…サイバーエージェントと

    リクルートの社内事業開発スキームを外部へ展開…サイバーエージェントと

  4. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

  5. 3割強が「商品購入」「サービス利用」の利用――「メルマガ」に関する意識調査

  6. 郵政vsヤマト・佐川、熾烈なメール便戦争に勝者はいるのか?

  7. 【訃報】北野次登氏・北野建設最高顧問、24日に告別式

  8. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

アクセスランキングをもっと見る

page top