曙ブレーキ、生産設備の減損処理などで60億円の赤字 画像 曙ブレーキ、生産設備の減損処理などで60億円の赤字

マネジメント

曙ブレーキは5月7日、2015年3月期(2014年4月-2015年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は2541億5700万円(前期比+7.4%)、営業利益は40億0400万円(-50.5%)、経常利益は28億3300万円(-61.0%)、最終損益は60億9500万円の赤字(前期は24億2300万円の黒字)だった。

北米や中国市場での自動車生産台数増加や円安効果もあり売上高は増加。しかし、北米の想定を上回る市場の拡大に伴う増産への対応や、新規受注製品の立上げの時期が集中したことによる想定外のコスト発生が収益を圧迫。さらに、ブレーキ事業における余剰生産設備などの減損の計上により、3期ぶりの最終赤字となった。

今期の業績見通しについては、売上高2880億円(+13.3%)、営業利益65億円(+62.3%)、経常利益48億円(+69.5%)、純利益は15億円とした。

曙ブレーキ通期決算…最終赤字60億円、余剰生産設備の減損処理などが影響

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

    人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

  2. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

    2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  3. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

    「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  4. 九州の企業に向けたICTビジネスのアイデアコンテスト、1日から募集開始

  5. 西松屋チェーンに買いたたき違反、中企庁が公取委へ措置請求

  6. 丸順、ホンダ減産等により自動車プレス部品事業から段階的な撤退…西日本にシフト

  7. 週休2日モデル工事、15年度は60件程度、国交省が課題・解決策へ

  8. 公営住宅にコンセッションは困難、国交省の調査結果で

  9. 【回転窓】1カ月たって「ゆう活」は…

  10. 社員のアイデアで物流現場を改善! 佐川ロジが社内大会を初開催

アクセスランキングをもっと見る

page top