曙ブレーキ、生産設備の減損処理などで60億円の赤字 画像 曙ブレーキ、生産設備の減損処理などで60億円の赤字

マネジメント

曙ブレーキは5月7日、2015年3月期(2014年4月-2015年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は2541億5700万円(前期比+7.4%)、営業利益は40億0400万円(-50.5%)、経常利益は28億3300万円(-61.0%)、最終損益は60億9500万円の赤字(前期は24億2300万円の黒字)だった。

北米や中国市場での自動車生産台数増加や円安効果もあり売上高は増加。しかし、北米の想定を上回る市場の拡大に伴う増産への対応や、新規受注製品の立上げの時期が集中したことによる想定外のコスト発生が収益を圧迫。さらに、ブレーキ事業における余剰生産設備などの減損の計上により、3期ぶりの最終赤字となった。

今期の業績見通しについては、売上高2880億円(+13.3%)、営業利益65億円(+62.3%)、経常利益48億円(+69.5%)、純利益は15億円とした。

曙ブレーキ通期決算…最終赤字60億円、余剰生産設備の減損処理などが影響

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 建設現場の労災死傷者が減少…業種別では依然として最多

    建設現場の労災死傷者が減少…業種別では依然として最多

  2. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

    コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  3. 病院への営業開拓ツールの最新版、東京商工リサーチ提供の病院情報「病院DB 2015」

    病院への営業開拓ツールの最新版、東京商工リサーチ提供の病院情報「病院DB 2015」

  4. 竹中工務店、実働中の自社ビルをゼロエネルギービルに改修

  5. 物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

  6. JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

  7. 東京都建設局、週休2日モデル工事でQ&A作成、工事成績での加点も検討

  8. 前田建設、社長に前田操治取締役兼専務執行役員が昇格

  9. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

アクセスランキングをもっと見る

page top