三菱電機2015年3月期決算――EVやHV向けパワー半導体が好調 画像 三菱電機2015年3月期決算――EVやHV向けパワー半導体が好調

マネジメント

三菱電機が発表した2015年3月期連結決算は、営業利益が前年同期比35.1%増の3176億円と大幅増益となった。

売上高は全セグメントが増収となり、同6.6%増の4兆3230億円となった。特に電子デバイス事業や産業メカトロニクス事業が好調だった。

自動車関連の設備投資の増加などでFAシステム事業が好調だったほか、自動車機器事業は北米、中国の新車市場が好調だったことなどから受注・売上げともに伸びた。電子システム事業は、防衛システム事業、宇宙システム事業の大口案件の減少で受注は前年度を下回ったものの、防衛システム事業向けの増加で売上げは前年度を上回った。

電子デバイス事業は、ハイブリッド車・電気自動車市場の拡大に伴う自動車用パワー半導体の需要増加、中国を中心とした電鉄用・民生用・産業用パワー半導体、通信用光デバイスなどの需要増加などから受注・売上げとも前年度を上回った。

収益では、産業メカトロニクス部門、情報通信システム部門、電子デバイス部門、家庭電器部門が増益となった。税引前当期純利益が同29.7%増の3229億円、純利益が同52.9%増の2346億円となった。

今期の通期業績見通しは売上高が同1.1%増の4兆3700億円、営業利益が同0.8%増の3200億円、税引前当期純利益が同0.9%減の3200億円、純利益が同6.3%減の2200億円を予想する。

三菱電機、EVやHV向けパワー半導体など好調で増収増益…2015年3月期決算

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

    コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  2. 首都高速会社が大規模更新事業で羽田線大師橋架替。事業者向け説明会、3月16日に都内で

    首都高速会社が大規模更新事業で羽田線大師橋架替。事業者向け説明会、3月16日に都内で

  3. 揺れ75%低減! 大林組が大阪の超高層ビルに制震装置導入

    揺れ75%低減! 大林組が大阪の超高層ビルに制震装置導入

  4. 超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

  5. JFEエンジニアリング、再生可能エネルギー発電の拡大めざす

  6. 張トヨタ名誉会長が製造業に伝えたいこと

  7. 青果卸の77%が減益――買い付け集荷の増加が響く

  8. 日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

  9. 職場を盛り上げる取り組みが集結…「第2回 グッド・アクション」表彰式

  10. リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

アクセスランキングをもっと見る

page top