三菱電機2015年3月期決算――EVやHV向けパワー半導体が好調 画像 三菱電機2015年3月期決算――EVやHV向けパワー半導体が好調

マネジメント

三菱電機が発表した2015年3月期連結決算は、営業利益が前年同期比35.1%増の3176億円と大幅増益となった。

売上高は全セグメントが増収となり、同6.6%増の4兆3230億円となった。特に電子デバイス事業や産業メカトロニクス事業が好調だった。

自動車関連の設備投資の増加などでFAシステム事業が好調だったほか、自動車機器事業は北米、中国の新車市場が好調だったことなどから受注・売上げともに伸びた。電子システム事業は、防衛システム事業、宇宙システム事業の大口案件の減少で受注は前年度を下回ったものの、防衛システム事業向けの増加で売上げは前年度を上回った。

電子デバイス事業は、ハイブリッド車・電気自動車市場の拡大に伴う自動車用パワー半導体の需要増加、中国を中心とした電鉄用・民生用・産業用パワー半導体、通信用光デバイスなどの需要増加などから受注・売上げとも前年度を上回った。

収益では、産業メカトロニクス部門、情報通信システム部門、電子デバイス部門、家庭電器部門が増益となった。税引前当期純利益が同29.7%増の3229億円、純利益が同52.9%増の2346億円となった。

今期の通期業績見通しは売上高が同1.1%増の4兆3700億円、営業利益が同0.8%増の3200億円、税引前当期純利益が同0.9%減の3200億円、純利益が同6.3%減の2200億円を予想する。

三菱電機、EVやHV向けパワー半導体など好調で増収増益…2015年3月期決算

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  2. 女性が働きやすい職場、管理職の意識改革――静岡市がアドバイザーを無料派遣

    女性が働きやすい職場、管理職の意識改革――静岡市がアドバイザーを無料派遣

  3. 上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

    上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

  4. 【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

  5. 独ZFの米TRW買収が完了――巨大Tier1サプライヤー誕生

  6. 国内トラック市場好調「カーゴ系が牽引」…日野自動車 梶川専務

  7. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  8. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  9. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  10. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

アクセスランキングをもっと見る

page top