オフショア開発ミャンマーシフトの動き――アライズ 画像 オフショア開発ミャンマーシフトの動き――アライズ

海外進出

動的Webページ作成のためのPHP案件増加に対応
システム・ソフト開発の株式会社アライズ(以下アライズ)は4月30日、2012年11月に設立したアライズ・ミャンマーが5月より20人増員し、50人体制にしたと発表した。

オフショア開発とは、情報システムやソフトウエア開発業務を、海外の子会社に委託することであるが、アライズは、ミャンマーをオフショア開発先としている。今回の増員は、動的なWebページを生成するためのPHP案件増加に対応するためのものである。

アライズ、ミャンマーを高く評価
アライズの事業内容は、大きく4点である。

1点目は、美容室やサロン向けに美容業務をシステム面でトータルにサポートする「パレット事業」、2点目は、スマートフォンアプリやWeb開発等を行う「SI事業」、3点目は、システム開発に関してトータルな支援を行う「SES事業」、4点目は、ミャンマーにおけるオフショア開発である。

同社がミャンマーに進出した理由は、同国が市場的に高いポテンシャルを持つこと、コスト競争力が圧倒的であること、日本語の習得能力が高いこと、勤勉で穏やかな国民性、という点であり、ミャンマーを高く評価している。

同社は、今回の増員で、オフショア開発拠点として生産量を高め、より高品質のものを提供していく方針だ。

ミャンマー進出のシステム開発企業 50人体制へ 

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  2. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  3. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  4. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  5. 自動車業界から見た2016年、激動の世界に日本企業は対応できたか?

  6. 【越境ECを地方から:3】中国人爆買いをネットで再現! その方程式とは?

  7. 【ポストものづくり時代:3】B2BからB2Cへの脱却!

  8. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  9. 海建協がベトナム建設業協会と都内で意見交換、現地大手と会員の交流を促進

  10. 大和ハウスと大成建設、ベトナムで総事業費約100億円の初弾!

アクセスランキングをもっと見る

page top