JR特急減便・首都高整備が館山の高速バス需要を変える 画像 JR特急減便・首都高整備が館山の高速バス需要を変える

インバウンド・地域活性

大型連休後半が始まった5月2日、都心からクルマや列車で2時間ほどで行ける南房総・館山エリアでは、高速バスに“手回り品”を載せるサイクリストやサーファーの姿があった。彼らの声で共通するのは、「座って飲みながら」だ。

ことし3月、東京と館山の間で2つの“変遷”があった。ひとつは都心側の首都高中央環状線全線開通、もうひとつはJR特急列車の大幅減便だ。

「(東京と館山を結ぶ)特急が減っちゃったでしょ。たしか、平日はゼロになっちゃったって聞いた。クルマで来るのもいいけど、帰りには渋滞もあるし。サッと乗れて、ちゃんと座れて、一杯やりながら帰りたいから、最近は高速バスで来る。電車っていう選択肢はなくなっちゃった」と話すのは、都内に住む自転車好き30代男性。

その男性といっしょに「洲埼灯台や道の駅をめぐる30kmのランを楽しんだ」という男性も「バスのトランクに自転車を入れて、行きはリクライニングシートで寝ながら、帰りは(酒を)飲みながら帰るのが楽しみ。車内にトイレもあるしね」と笑った。

同区間を結ぶ高速バスは、手回り品1個につき500円を支払えば、専用ケースに包んだ自転車やサーフボードをトランクに入れて乗車できる。館山駅の高速バス窓口の担当者は、彼らのような日帰り客が「3月以降、若干だけど増えている。『館山はよく来るけど、高速バスを使ったのは初めて』と話しかけてくる人も最近よく見る」と話していた。

同日午後、東京と館山を結ぶ高速バスが停車する富津館山道路「道の駅富楽里とみやま」(ハイウェイオアシス富楽里)に立つと、館山行き便のほとんどが乗車率8割程度。いっぽう、夕方の館山駅では、18時に出発する東京行き高速バス「房総なのはな48号」が満席、「同50号」(19時発)が「残り1~3席」。16時55分発の東京行き特急「さざなみ84号」を見ると、同駅出発時点の乗車率は1割ほどだった。

「クルマや電車は選択肢にない」高速バスに新たな需要?

《大野雅人》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. 東池袋駅直上部の再開発、子育て支援施設や医療モールも

    東池袋駅直上部の再開発、子育て支援施設や医療モールも

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】ベルサイユ宮殿の晩餐で使用された「ぎやまん陶」とは?

  5. JR西広島駅南口再開発、大きく変貌する西の玄関口

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 北海道財務局、札幌・琴似住宅跡地売却の入札公告。12月20日まで参加受付

  8. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top