セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ 画像 セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

インバウンド・地域活性

 滋賀県のベンチャー企業・シムスインターナショナルが「電動一輪バイク ONEWHEEL(ワンホイール) i-1」の市販を決定した。初年度となる今年は、テストモニター向けに200台の販売を行う。

 ONEWHEEL i-1は、ジャイロ搭載型の電動一輪バイク。セグウェイのように搭乗者の重心移動によって操縦することも可能だが、最大の特徴は従来のバイクのようにハンドルによる操作ができることだ。方向転換はもちろん、ブレーキ、アクセルの操作機能をハンドル部に備える。このスタイルでの操作により、従来のジャイロ搭載型車両で起こりやすい重心移動ミスによる誤操作や坂道での操作ミスといった問題を解消する狙いだ。

 また、現時点のONEWHEEL i-1の走行速度はは時速20km程度だが、従来のハンドリング技術などを取り入れることで将来的には時速60~100kmの高速運転や急ブレーキ時の姿勢制御も理論上可能になる見通しだという。

 電源は充電式のリチウムイオンバッテリーを採用し、1回の充電で15~30km程度の走行が可能。バッテリーは着脱式で、オプションで予備バッテリーを搭載することもできる。

 まずは主にテーマパークや商業施設、工場施設内での活用を想定しており、こうした企業向けにモニター販売を行う。また、モビリティ産業を支援する一般イノベーターも販売対象としている。募集は近日ONEWHEELの公式サイト上で開始し、今年夏頃から販売を行う予定。価格は24万8000円~29万8000円前後。

 同サイトの担当エンジニアの開発手記では、いずれは電動一輪バイクによるレースや、公道での走行といった夢も語られている。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  2. 五反田駅の東口に10階建ての新ビル/アトレとホテルメッツ予定

    五反田駅の東口に10階建ての新ビル/アトレとホテルメッツ予定

  3. 八重洲二丁目北地区再開発、11月下旬に複合ビル/ホテルや小学校、バスターミナル

    八重洲二丁目北地区再開発、11月下旬に複合ビル/ホテルや小学校、バスターミナル

  4. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  5. 八重洲二丁目中地区再開発、インターナショナルスクール誘致も

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 予定価格見直し不十分、全建の改正品確法をめぐる調査結果

  8. 豪州原産の鳥・エミュー、放牧で農地再生

  9. ダムカードに続き、トンネルカード発行! トンネルグルメも登場/横須賀

  10. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

アクセスランキングをもっと見る

page top