セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ 画像 セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

インバウンド・地域活性

 滋賀県のベンチャー企業・シムスインターナショナルが「電動一輪バイク ONEWHEEL(ワンホイール) i-1」の市販を決定した。初年度となる今年は、テストモニター向けに200台の販売を行う。

 ONEWHEEL i-1は、ジャイロ搭載型の電動一輪バイク。セグウェイのように搭乗者の重心移動によって操縦することも可能だが、最大の特徴は従来のバイクのようにハンドルによる操作ができることだ。方向転換はもちろん、ブレーキ、アクセルの操作機能をハンドル部に備える。このスタイルでの操作により、従来のジャイロ搭載型車両で起こりやすい重心移動ミスによる誤操作や坂道での操作ミスといった問題を解消する狙いだ。

 また、現時点のONEWHEEL i-1の走行速度はは時速20km程度だが、従来のハンドリング技術などを取り入れることで将来的には時速60~100kmの高速運転や急ブレーキ時の姿勢制御も理論上可能になる見通しだという。

 電源は充電式のリチウムイオンバッテリーを採用し、1回の充電で15~30km程度の走行が可能。バッテリーは着脱式で、オプションで予備バッテリーを搭載することもできる。

 まずは主にテーマパークや商業施設、工場施設内での活用を想定しており、こうした企業向けにモニター販売を行う。また、モビリティ産業を支援する一般イノベーターも販売対象としている。募集は近日ONEWHEELの公式サイト上で開始し、今年夏頃から販売を行う予定。価格は24万8000円~29万8000円前後。

 同サイトの担当エンジニアの開発手記では、いずれは電動一輪バイクによるレースや、公道での走行といった夢も語られている。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  6. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  7. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  10. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その3…なぜトランスミッションを内製するのか

アクセスランキングをもっと見る

page top