メガネフレームの国内最大産地・福井から、ヘッドセット装着可能なフレーム登場 画像 メガネフレームの国内最大産地・福井から、ヘッドセット装着可能なフレーム登場

インバウンド・地域活性

 映写スクリーンの製造販売を行う福井県福井市のシアターハウスが、Bluetoothヘッドセットを装着可能なメガネフレーム「Blue Ocean(ブルーオーシャン)」を発売した。商品サイトから購入可能。

 Blue Oceanは、メガネのつる部分にJabraの小型ヘッドセット「Jabra MINI」を装着することができるもの。耳のすぐ近くに常備するため、スマートフォンへの着信などの際、いちいち探さなくてもすぐに耳につけられる。

 福井県は国産メガネフレームの96%以上を生産するメガネフレームの最大産地であり、チタン加工をはじめ、金属加工の技術力が高い土地柄。Blue Oceanもこうした地域性を活かし、職人による手作りで生産されている。

 素材は軽量で強度が高いベータチタンを採用しており、フレームの重さは9gに抑えている。装着するJabra MINIも8.7gと軽量で、装着時の負担を極力軽減する設計となっている。

 販売価格はフレームとJabra MINIのセットで2万7800円。フレーム単体での販売も行っており、こちらは2万4800円。なお、レンズ部分には度の入っていないダミーレンズが装着されている。度入りのレンズが必要な場合は、別途メガネ量販店などで入れてもらう仕様だ。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 広島県三原市の新庁舎建設、1階床を津波浸水想定高さよりも高く設定

    広島県三原市の新庁舎建設、1階床を津波浸水想定高さよりも高く設定

  4. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 富裕層インバウンドの法則その2

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 自動化できない「曲げ寸法公差1mm」を実現するハンマー職人

  9. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  10. 広がる宇宙ビジネスは中小企業のフロンティア…グローバル・ブレイン

アクセスランキングをもっと見る

page top