メガネフレームの国内最大産地・福井から、ヘッドセット装着可能なフレーム登場 画像 メガネフレームの国内最大産地・福井から、ヘッドセット装着可能なフレーム登場

インバウンド・地域活性

 映写スクリーンの製造販売を行う福井県福井市のシアターハウスが、Bluetoothヘッドセットを装着可能なメガネフレーム「Blue Ocean(ブルーオーシャン)」を発売した。商品サイトから購入可能。

 Blue Oceanは、メガネのつる部分にJabraの小型ヘッドセット「Jabra MINI」を装着することができるもの。耳のすぐ近くに常備するため、スマートフォンへの着信などの際、いちいち探さなくてもすぐに耳につけられる。

 福井県は国産メガネフレームの96%以上を生産するメガネフレームの最大産地であり、チタン加工をはじめ、金属加工の技術力が高い土地柄。Blue Oceanもこうした地域性を活かし、職人による手作りで生産されている。

 素材は軽量で強度が高いベータチタンを採用しており、フレームの重さは9gに抑えている。装着するJabra MINIも8.7gと軽量で、装着時の負担を極力軽減する設計となっている。

 販売価格はフレームとJabra MINIのセットで2万7800円。フレーム単体での販売も行っており、こちらは2万4800円。なお、レンズ部分には度の入っていないダミーレンズが装着されている。度入りのレンズが必要な場合は、別途メガネ量販店などで入れてもらう仕様だ。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  2. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

    上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  6. 徳島県藍住町の文化ホール再生、福祉や保険も含めた複合施設に

  7. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  10. 東北の「復興加速化会議」。ICT導入拡大や担い手確保

アクセスランキングをもっと見る

page top