新潟の老舗酒造・今代司酒造、錦鯉をあしらう新日本酒銘柄で世界狙う 画像 新潟の老舗酒造・今代司酒造、錦鯉をあしらう新日本酒銘柄で世界狙う

インバウンド・地域活性

 新潟の酒蔵・今代司酒造が、錦鯉をボトルにデザインした新銘柄「錦鯉 NISHIKIGOI」を発売した。

 今代司酒造は新潟駅近く、酒や味噌など発酵食品製造業者が集まる「沼垂 醸す地区(ぬったり かもすちく)」にある、創業1767年の酒蔵。今代司酒造には、かつて各地の酒蔵や酒屋が酒を金魚が泳げるほど水で薄めて売り、「金魚酒」と揶揄されることがあった時代にも、酒を薄めることなく出荷していたという逸話が残っており、「今代司は『金魚酒』ならず 威風堂々たる『錦鯉』」という言葉もあったとされる。この逸話にちなんで、「錦鯉」の名を冠した銘柄の発売を以前から検討していた。

 ボトルは錦鯉を想起させる、白地に赤の模様が入ったデザインで、鯉の形にくり抜かれたカートンに収めると、泳ぐ鯉の姿に見えるようになる。日本文化と深く繋がる錦鯉の名前とデザインを取り入れることで、国内や海外のユーザーのお土産や贈答需要などを狙う。

 「錦鯉 NISHIKIGOI」は、鯉の日である本日5月1日より販売を開始。希望小売価格は5000円。当初は今代司酒造の直販所およびオンラインショップのみでの展開だが、小売店や卸売業者からの注文も順次受け付ける。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

    見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

    【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  6. ~劇場型で魅せる飲食店:1~下町ワイナリーが生む“コト消費”

  7. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  10. 老朽化進むJR茨木駅西口の再開発、まちづくり協議会設立へ

アクセスランキングをもっと見る

page top