新潟の老舗酒造・今代司酒造、錦鯉をあしらう新日本酒銘柄で世界狙う 画像 新潟の老舗酒造・今代司酒造、錦鯉をあしらう新日本酒銘柄で世界狙う

インバウンド・地域活性

 新潟の酒蔵・今代司酒造が、錦鯉をボトルにデザインした新銘柄「錦鯉 NISHIKIGOI」を発売した。

 今代司酒造は新潟駅近く、酒や味噌など発酵食品製造業者が集まる「沼垂 醸す地区(ぬったり かもすちく)」にある、創業1767年の酒蔵。今代司酒造には、かつて各地の酒蔵や酒屋が酒を金魚が泳げるほど水で薄めて売り、「金魚酒」と揶揄されることがあった時代にも、酒を薄めることなく出荷していたという逸話が残っており、「今代司は『金魚酒』ならず 威風堂々たる『錦鯉』」という言葉もあったとされる。この逸話にちなんで、「錦鯉」の名を冠した銘柄の発売を以前から検討していた。

 ボトルは錦鯉を想起させる、白地に赤の模様が入ったデザインで、鯉の形にくり抜かれたカートンに収めると、泳ぐ鯉の姿に見えるようになる。日本文化と深く繋がる錦鯉の名前とデザインを取り入れることで、国内や海外のユーザーのお土産や贈答需要などを狙う。

 「錦鯉 NISHIKIGOI」は、鯉の日である本日5月1日より販売を開始。希望小売価格は5000円。当初は今代司酒造の直販所およびオンラインショップのみでの展開だが、小売店や卸売業者からの注文も順次受け付ける。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

    北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  2. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  3. 宮古盛岡横断道「新区界トンネル」が貫通/区界道路の約8割をトンネルが占める

    宮古盛岡横断道「新区界トンネル」が貫通/区界道路の約8割をトンネルが占める

  4. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  5. 甲府にある「草津温泉」で朝風呂を楽しむ/銭湯の料金で

  6. 品川駅西口駅前広場の整備、国道15号の上空を活用

  7. 地方創生のカギをにぎる「プロ人材マッチング」/第3回 成功へのシナリオ(事例編)

  8. 沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設/4棟延べ3.3万平米

  9. 国のかたちを考える2018/野村総合研究所顧問 増田寛也氏

  10. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

アクセスランキングをもっと見る

page top