新潟の老舗酒造・今代司酒造、錦鯉をあしらう新日本酒銘柄で世界狙う 画像 新潟の老舗酒造・今代司酒造、錦鯉をあしらう新日本酒銘柄で世界狙う

インバウンド・地域活性

 新潟の酒蔵・今代司酒造が、錦鯉をボトルにデザインした新銘柄「錦鯉 NISHIKIGOI」を発売した。

 今代司酒造は新潟駅近く、酒や味噌など発酵食品製造業者が集まる「沼垂 醸す地区(ぬったり かもすちく)」にある、創業1767年の酒蔵。今代司酒造には、かつて各地の酒蔵や酒屋が酒を金魚が泳げるほど水で薄めて売り、「金魚酒」と揶揄されることがあった時代にも、酒を薄めることなく出荷していたという逸話が残っており、「今代司は『金魚酒』ならず 威風堂々たる『錦鯉』」という言葉もあったとされる。この逸話にちなんで、「錦鯉」の名を冠した銘柄の発売を以前から検討していた。

 ボトルは錦鯉を想起させる、白地に赤の模様が入ったデザインで、鯉の形にくり抜かれたカートンに収めると、泳ぐ鯉の姿に見えるようになる。日本文化と深く繋がる錦鯉の名前とデザインを取り入れることで、国内や海外のユーザーのお土産や贈答需要などを狙う。

 「錦鯉 NISHIKIGOI」は、鯉の日である本日5月1日より販売を開始。希望小売価格は5000円。当初は今代司酒造の直販所およびオンラインショップのみでの展開だが、小売店や卸売業者からの注文も順次受け付ける。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

    大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

  3. アニメビジネスと地域活性化…自衛隊・埼玉・大洗・鷹の爪

    アニメビジネスと地域活性化…自衛隊・埼玉・大洗・鷹の爪

  4. 女性の起業を「からふる女性応援士隊」が応援

  5. 今後10年間、東京は「自然災害で1533億ドルの損失」/英保険ロイズ推計

  6. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  7. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  8. 御殿場アウトレット増設、日帰り温泉できるホテルも!

  9. 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

  10. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

アクセスランキングをもっと見る

page top