ゴールデンウィークの渋滞予測――日本道路交通情報センター 画像 ゴールデンウィークの渋滞予測――日本道路交通情報センター

ライフ

 今年のゴールデンウィークは日の並びも良く、故郷への帰省や観光地に向かう車で大渋滞が予測される。日本道路交通情報センターによると、高速道路では下り線が5月2日~3日、上り線は5月3日~5日に10km以上の渋滞が多く発生するという。

 日本道路交通情報センターは、ゴールデンウィーク期間中(4月下旬~5月上旬)の道路交通の渋滞予測について、東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路、本州四国連絡高速道路および各都道府県から取りまとめ、「春の観光地の道路交通情報」を発表した。渋滞予測は過去のゴールデンウィークや昨年のお盆、年末年始などの交通混雑期の交通状況を踏まえて予測している。

 特に長い渋滞が予測される地点とピーク時渋滞長は、東日本が5月3日8時ごろの関越自動車道・花園インターチェンジ付近(下り線)で50km、5月4日18時ごろの東北自動車道・上河内サービスエリア付近(上り線)で45km。

 中日本が5月2日6時ごろの中央自動車道・藤野パーキングエリア付近(下り線)で45km、5月5日16時ごろの東名高速道路・大和トンネル付近(上り線)で40km。

 西日本・本州四国が5月2日7時ごろの中国自動車道・宝塚東トンネル付近(下り線)で30km、5月5日18時ごろの神戸淡路鳴門自動車道・舞子トンネル出口付近(上り線)で50kmとなっている。

 高速道路各社では、これらの予測内容をもとに渋滞を回避するなど分散利用を呼びかけ、出発前や利用中も最新の道路交通情報を活用することをすすめている。

 事故や天候などの影響で渋滞が発生する場合があり、道路交通状況は時々刻々と変化する。最新の情報は、日本道路交通情報センターのWebサイト、もしくは同センターのインフォメーションダイヤルで確認できる。

【GW】高速道路の渋滞予測、下り5/2-3・上り5/3-5

《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 全日本教職員連盟委員長に岩野氏再任

    全日本教職員連盟委員長に岩野氏再任

  2. 38都府県が独自の学力調査、大分は学校単位で結果公表

    38都府県が独自の学力調査、大分は学校単位で結果公表

  3. サスティナブル社会へ向けたアフリカのバナナペーパー事業

    サスティナブル社会へ向けたアフリカのバナナペーパー事業

アクセスランキングをもっと見る

page top