アイシン精機決算――3期ぶりの減益だが今期で回復見込み 画像 アイシン精機決算――3期ぶりの減益だが今期で回復見込み

マネジメント

アイシン精機は4月28日、2015年3月期(2014年4月-2015年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は2兆9639億円(前期比+5.0%)、営業利益は1657億円(-3.2%)、経常利益は1880億円(-0.8%)、純利益は773億円(-14.2%)だった。

国内外における自動車メーカーの生産台数増加により増収となったが、研究開発費や減価償却費の増加により、3期ぶりの減益となった。

今期の業績については、オートマチックトランスミッション生産台数の増加、中国・豪亜地域のトヨタ生産台数増加および為替影響により、売上、利益ともに過去最高となる見通し。売上高3兆2500億円(+9.7%)、営業利益2000億円(+20.7%)、経常利益2150億円(+14.3%)、純利益は1000億円(+29.3%)とした。

アイシン精機の通期決算…3期ぶりの減益も今期は過去最高の売上・利益を予想

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「中小企業の《経営論》」第1回:背中を見せたがる社長とそうでない社長

    「中小企業の《経営論》」第1回:背中を見せたがる社長とそうでない社長

  2. 小売業界にとって魅力的な海外進出先ランキング!

    小売業界にとって魅力的な海外進出先ランキング!

  3. サントリーが「働きたい国内企業」1位に選出!評価の理由は…

    サントリーが「働きたい国内企業」1位に選出!評価の理由は…

  4. 日建連がプレキャスト工法の導入を推進

  5. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  6. 郵政vsヤマト・佐川、熾烈なメール便戦争に勝者はいるのか?

  7. 東京五輪関連施設工事での労働災害防止策、ルール化へ官民協議会

アクセスランキングをもっと見る

page top