アイシン精機決算――3期ぶりの減益だが今期で回復見込み 画像 アイシン精機決算――3期ぶりの減益だが今期で回復見込み

マネジメント

アイシン精機は4月28日、2015年3月期(2014年4月-2015年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は2兆9639億円(前期比+5.0%)、営業利益は1657億円(-3.2%)、経常利益は1880億円(-0.8%)、純利益は773億円(-14.2%)だった。

国内外における自動車メーカーの生産台数増加により増収となったが、研究開発費や減価償却費の増加により、3期ぶりの減益となった。

今期の業績については、オートマチックトランスミッション生産台数の増加、中国・豪亜地域のトヨタ生産台数増加および為替影響により、売上、利益ともに過去最高となる見通し。売上高3兆2500億円(+9.7%)、営業利益2000億円(+20.7%)、経常利益2150億円(+14.3%)、純利益は1000億円(+29.3%)とした。

アイシン精機の通期決算…3期ぶりの減益も今期は過去最高の売上・利益を予想

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

    【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  2. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

    【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

  3. 【倒産情報】シリコンウエハー加工のオプト自己破産申請へ――負債総額105億円

    【倒産情報】シリコンウエハー加工のオプト自己破産申請へ――負債総額105億円

  4. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  5. 前田建設、社長に前田操治取締役兼専務執行役員が昇格

  6. カットスイカ、持ち帰り袋で売上アップ……持ち手、ジッパー付き 果肉傷めず好評

  7. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

  8. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  9. 「試作品販売サイト」が登場…未来の日本のいいものを紹介

  10. 大分県が「金融機関提案型資金」を創設、地元金融機関のノウハウを活用

アクセスランキングをもっと見る

page top