アイシン精機決算――3期ぶりの減益だが今期で回復見込み 画像 アイシン精機決算――3期ぶりの減益だが今期で回復見込み

マネジメント

アイシン精機は4月28日、2015年3月期(2014年4月-2015年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は2兆9639億円(前期比+5.0%)、営業利益は1657億円(-3.2%)、経常利益は1880億円(-0.8%)、純利益は773億円(-14.2%)だった。

国内外における自動車メーカーの生産台数増加により増収となったが、研究開発費や減価償却費の増加により、3期ぶりの減益となった。

今期の業績については、オートマチックトランスミッション生産台数の増加、中国・豪亜地域のトヨタ生産台数増加および為替影響により、売上、利益ともに過去最高となる見通し。売上高3兆2500億円(+9.7%)、営業利益2000億円(+20.7%)、経常利益2150億円(+14.3%)、純利益は1000億円(+29.3%)とした。

アイシン精機の通期決算…3期ぶりの減益も今期は過去最高の売上・利益を予想

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

    国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  2. 飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

    飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

  3. 【回転窓】不思議な二つの銘板

    【回転窓】不思議な二つの銘板

  4. 中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

  5. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

  6. ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

  7. 国交省、橋梁修繕工事入札に技術提案・交渉方式導入、16年度

  8. シェアビジネスを変える…運送会社と軽トラ便の即時マッチングサービス

  9. 職場のトラブルメーカーは上司? 同僚? 部下?

  10. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

アクセスランキングをもっと見る

page top