アイシン精機決算――3期ぶりの減益だが今期で回復見込み 画像 アイシン精機決算――3期ぶりの減益だが今期で回復見込み

マネジメント

アイシン精機は4月28日、2015年3月期(2014年4月-2015年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は2兆9639億円(前期比+5.0%)、営業利益は1657億円(-3.2%)、経常利益は1880億円(-0.8%)、純利益は773億円(-14.2%)だった。

国内外における自動車メーカーの生産台数増加により増収となったが、研究開発費や減価償却費の増加により、3期ぶりの減益となった。

今期の業績については、オートマチックトランスミッション生産台数の増加、中国・豪亜地域のトヨタ生産台数増加および為替影響により、売上、利益ともに過去最高となる見通し。売上高3兆2500億円(+9.7%)、営業利益2000億円(+20.7%)、経常利益2150億円(+14.3%)、純利益は1000億円(+29.3%)とした。

アイシン精機の通期決算…3期ぶりの減益も今期は過去最高の売上・利益を予想

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

    グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

  2. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

    国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  3. 三機工業が「ジョブローテーション」を本格始動、女性技術者が営業職を経験

    三機工業が「ジョブローテーション」を本格始動、女性技術者が営業職を経験

  4. 下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」

  5. 広島県と愛媛県今治市で「獣医師不足てこ入れ」…政府が戦略特区第3次指定

  6. 農業参入企業7割が「農地はリースで十分」…所有は経営リスク

  7. 次期社長が見つかる? 後継者不在で悩む中小経営者向けに「後継者バンク」創設

  8. 国交省、地方管理空港向け舗装維持管理手引作成、点検頻度設定や修繕施工手順解説

  9. 厚労省、HACCP導入促進 HPで業者名公開へ

  10. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

アクセスランキングをもっと見る

page top